上映会&トークショー「沖縄 さまよえる木霊~基地反対運動の素顔」

INFORMATION

  • 2017年7月30日(日)14:00~17:30
  • 池袋キャンパス 14号館3階 D301教室

インターネット上では事実とは異なる”沖縄ヘイト”が溢れている。2017年1月2日放送のMXテレビ「ニュース女子」は、沖縄基地問題を扱ったが、ある見方に絞った意見が地上波で放送されたこともあり、BPO(放送倫理・番組向上機構)の2つの委員会で審議・審理に入るなど大きな波紋を投げかけた。同じ1月29日、毎日放送が放送した「沖縄さまよう木霊〜基地反対運動の素顔〜」は、同じテーマを扱いながら、多角的な取材を織り込むことで取材の力をまざまざと見せつけた。番組を制作した斉加尚代・毎日放送ディレクターから制作意図を伺いながら、沖縄の基地問題から見える日本のありようを考えていきたいと思います。

講師

毎日放送報道局ディレクター
斉加 尚代 氏

1987年毎日放送入社。報道局ディレクターとして、「なぜペンをとるのか~沖縄の新聞記者たち」(2015年9月27日放送)で第59回JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞受賞。「沖縄さまよう木霊〜基地反対運動の素顔」(2017年1月30日放送)で第54回ギャラクシー賞奨励賞受賞。

本学社会学部メディア社会学科教授
砂川 浩慶

詳細情報

名称

上映会&トークショー「沖縄 さまよえる木霊~基地反対運動の素顔」

内容

インターネット上では事実とは異なる”沖縄ヘイト”が溢れている。2017年1月2日放送のMXテレビ「ニュース女子」は、沖縄基地問題を扱ったが、ある見方に絞った意見が地上波で放送されたこともあり、BPO(放送倫理・番組向上機構)の2つの委員会で審議・審理に入るなど大きな波紋を投げかけた。同じ1月29日、毎日放送が放送した「沖縄さまよう木霊〜基地反対運動の素顔〜」は、同じテーマを扱いながら、多角的な取材を織り込むことで取材の力をまざまざと見せつけた。番組を制作した斉加尚代・毎日放送ディレクターから制作意図を伺いながら、沖縄の基地問題から見える日本のありようを考えていきたいと思います。

対象者

本学学生、一般

申し込み

以下、お問い合わせのメールアドレス宛てにお申し込みください。

主催

社会学部メディア社会学科・砂川ゼミ

共催

メディア総合研究所

備考

〈参加費について〉
学生・メディア総研等、会員:無料、一般500円(資料代)

お問い合わせ

砂川浩慶・研究室

イベントレポート