公開講演会「Dirhams for slaves: slave trade between the Islamic world and northern Europe in the 9th-10th centuries」

INFORMATION

  • 2017年7月20日(木)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 14号館6階 D602教室

オックスフォード大学の「奴隷のためのイスラム銀(Dirhams for slave)」は、イスラム史家、ビザンツ史家、西洋中世史家、貨幣研究者らが協力し、初期中世の奴隷交易とイスラム貨幣の分布に注目することで、ヨーロッパ・ビザンツ・地中海・西ユーラシアにいたる交易ネットワークの再現を図る壮大なプロジェクトである。そのプロジェクトでヨーロッパ側の分析を担当したヤンコヴィアク博士に、プロジェクトの概要と研究成果を披露していただき、ヨーロッパ半島からユーラシア西部までを視野に入れたグローバルな歴史の語り方を考えてみたい。
※使用言語:英語(通訳なし)

詳細情報

名称

公開講演会「Dirhams for slaves: slave trade between the Islamic world and northern Europe in the 9th-10th centuries」

内容

《講師》
Dr.Marek Jankowiak(University of Oxford)
【略歴】
パリの高等研究実践院で博士号を取得したのち、オックスフォード大学歴史学部講師。専門はビザンツ史、初期中世史、グローバルヒストリー。業績に、(ed. with Federico Montinaro)Studies in Theophanes. Travaux et Mémoires 19(Paris,2015);(ed. with Felix Biermann)Archaeology of medieval slavery, Themes in Contemporary Archaeology(Maney),2017;(ed. with Jonathan Shepard and Jacek Gruszczyński)Silver, Slaves and Gotland. Cogs and Drivers in Viking-Age Trade,2017 ほか多数。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文学部史学科

共催

科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究)課題番号15KK0062

お問い合わせ

学部事務1課(史学科担当)

イベントレポート