公開講演会「メディア・越境・アイデンティティ:グローバル化時代の現代文化」

INFORMATION

  • 2017年7月7日(金)13:15~14:45
  • 池袋キャンパス 12号館2階 会議室

チェンマイ大学アジア観光研究所所長であるプロイスリ・ポラナンノーン氏は、東南アジアの大学に籍を置く東南アジア人研究者でありながら、非常に精力的に英語で研究成果を発信する稀有な存在であり、東南アジアの文化と観光に関する研究における第一人者の1人である。彼女の主要業績はいずれも、Rethinking Asian Tourism: Culture, Encounters and Local Response(Victor T. Kingと共編、2014年)など、東南アジアにおける文化に対して注がれる国際観光資源としてのまなざしと、それを受けたローカルな文化変容に関する分析が主軸をなしている。今回、メディア・越境・アイデンティティ:グローバル化時代の現代文化”に関する彼女の講演会を開き、アジアにおける文化と「外からのまなざし」との間のグローカルな文化変容が論じられる。
※使用言語:英語(通訳あり)

詳細情報

名称

公開講演会「メディア・越境・アイデンティティ:グローバル化時代の現代文化」

内容

《講師》
プロイスリ・ポラナンノーン 氏(チェンマイ大学アジア観光研究所所長)
【略歴】
2000年代初頭より、東南アジアの国際観光と文化変容に関して、数多くの論文、著書、編著書を英語で出版している。著作・論文は、Tourism and Monarchy in Southeast Asia(2016年 Cambridge Scholars Publishing)、“Tourism and the Transformation of Ritual Practice with Sand Pagoda in Chiang Mai,Thailand”(2015)、Rethinking Asian Tourism:Culture,Encounters and Local Response(with Victor T.King)(2014),and“Tourism and Political Agendas in the Dum Hua Procession in the Songkran Festival” (2014)等多数。

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

社会学部、「アジアのトランスナショナル階層社会」研究会

お問い合わせ

学部事務2課

イベントレポート