「第1回関東・甲信越静地区 スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会」

INFORMATION

  • 2016年12月17日(土)13:00~18:00(開場12:30~)
  • 池袋キャンパス 7号館1階 7101教室、7102教室、7151~7157教室

スーパーグローバルハイスクール指定校の生徒が、グローバルな社会課題やビジネス課題をテーマとする学習・研究活動の成果を発表します。
高校生の学びの場として、また高校の教育を知る場として、ご活用ください。

詳細情報

名称

「第1回関東・甲信越静地区 スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会」

内容

◆開会式(13:00~)

◆プレゼンテーション発表(13:30~17:45)
各校で取り組んでいる課題研究の成果をプレゼンテーションします。プレゼンテーション後は、本学教員による質疑応答・助言を行います。
(発表は日本語もしくは英語です。)

◆ポスター発表(14:30~16:30)
各校で取り組んでいる課題研究の内容をポスターを自由にご覧いただけます。
来場者に向けて高校生が発表する時間を設けます。

◆全体講評・表彰式(17:45~)

《講評者》
山口 和範 (本学国際化推進担当副総長、経営学部教授)
松本 茂 (本学グローバル教育センター長、経営学部教授)
大山 秀子(本学グローバル教育センター副センター長、理学部教授)
家城 和夫 (本学入学センター長、理学部教授)
青木 康 (本学GLAP開設準備室長、文学部教授)
長 有紀枝 (本学GLAP運営センター副センター長*2017年度より、21世紀社会デザイン研究科教授)
Douglas Schules (本学経営学部准教授)
豊田 三佳(本学観光学部教授)

対象者

高校生、中学生、保護者、学校関係者、教職員、本学学生、校友、一般
※どなたでもお越し頂けます
※申込不要、入場無料

主催

立教大学

協力

関西学院大学

備考

《参加予定校》
関東・甲信越静地区のスーパーグローバルハイスクール指定校13校
(プレゼンテーション17チーム、ポスター発表25チーム)
茨城県立土浦第一高等学校、群馬県立中央中等教育学校、埼玉県立不動岡高等学校、千葉県立成田国際高等学校、東京学芸大学附属国際中等教育学校、順天高等学校、玉川学園高等部、神奈川県立横浜国際高等学校、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、新潟県立国際情報高等学校、長野県長野高等学校、長野県上田高等学校、静岡県立三島北高等学校

お問い合わせ

国際化推進機構

イベントレポート