第56回研究例会「〈3・11〉後の表現を考える—演劇・サブカルチャー・文学・ドラマ—」

INFORMATION

  • 2016年9月17日(土)14:00~16:50(開場13:30)
  • 池袋キャンパス 本館2階 1202教室

2011年3月11日に起こった東日本大震災から5年が過ぎ、今もなお被災地には、グラデーションを帯びたように多彩な被災状況がある。あの日から、あらゆる表現(活動/者)は、震災という事態を前に「何ができるのか」を問う声が多く聞かれ、様々な作品が発表され、議論が行なわれてきた。本企画では、「5年」という時間を視野に入れながら、「何ができるのか」ではなく、「何を表現したのか」「何が表現されたのか」に焦点を当て、複数のジャンルからの〈3・11〉に対する視角について考えてみたい。

講師

神奈川大学外国語学部准教授、日本学研究所特任研究員
松本 和也
本学学校・社会教育講座教育研究コーディネーター、日本学研究所研究員
住友 直子
法政大学文学部助教、日本学研究所特任研究員
山田 夏樹
本学社会学部教育研究コーディネーター、日本学研究所研究員
後藤 隆基
本学文学部教授、日本学研究所所員
金子 明雄

詳細情報

名称

第56回研究例会「〈3・11〉後の表現を考える—演劇・サブカルチャー・文学・ドラマ—」

内容

《プログラム》
13:30 開場
14:00-14:10 開会挨拶 金子 明雄
14:10-14:45 「〈3・11〉と劇団四季—『ユタと不思議な仲間たち』の東北巡演を視座として—」後藤 隆基
14:45-15:20 「〈3・11〉とサブカルチャー表象」山田 夏樹
15:20-15:30 休憩
15:30-16:05 「埴谷雄高「死霊」を読み直す—〈3・11〉以後のなかで」住友 直子
16:05-16:40 「坂元裕二ドラマにおける〈3・11〉—『最高の離婚』・『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』を中心に—」松本 和也
16:40-16:50 閉会挨拶 金子 明雄
主催 日本学研究所

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

日本学研究所

お問い合わせ

日本学研究所 

TEL:03-3985-2617 E-mail:nihongaku@rikkyo.ac.jp

イベントレポート