公開講演会「韓国の環境教育:三つの事例」 ※使用言語:韓国語(通訳あり)

INFORMATION

  • 2016年7月13日(水)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館1階 第1・2会議室

韓国における環境教育の現状と課題、今後の展望について、各地域の抱える問題と具体的事例を交えながらお話しいただく。

講師

ESD研究所特任研究員、Seoul National University Asian Institute for Energy, Environment & Sustainability Senior Research Fellow
金 男洙 氏

ソウル大学校大学院環境教育学専攻で博士号取得。韓国環境教育センターの役員を務める。専門は「国連ESDのための10年(DESD)後のESD—日韓の事例比較研究」。主な論文に「環境教育的視座からの共生と環世界の概念理解」『環境哲学』第16巻第1号、2013)、最優秀論文賞を受賞した「ESD、学校と地域の協働における、日韓教員の意識と行動」(共著、『環境教育』第27巻第3号、韓国環境教育学会、2014)など。著書に『韓国におけるDESD』(共著、韓国ユネスコ委員会、2014)など。

《通訳》ESD研究所研究員、学習院大学非常勤講師
元 鍾彬 氏

東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻修了。農学博士。韓国環境教育ネットワーク日本・東京担当交流コーディネーター、日本環境教育学会国際交流委員会理事などを務める。主な論文に「韓国の「環境」科目開設の経緯とその後の展開」(共著、『環境教育』第24巻第1号、日本環境教育学会、2014)、「持続可能な地域発展のための教育—韓国プルム学校の教育力—」(『東洋文化研究』第18号、学習院大学東洋文化研究所、2016)など。2009年、日本環境教育学会第4回研究奨励賞受賞。

詳細情報

名称

公開講演会「韓国の環境教育:三つの事例」 ※使用言語:韓国語(通訳あり)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、ESD研究所、*ESD地域創生研究センター設置準備室

備考

*「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に基づき、ESD研究所内に設置されるものである。

お問い合わせ

ESD研究所 後藤
TEL:03-3985-2686 E-mail:esdrc@rikkyo.ac.jp
★E-mail

イベントレポート