公開講演会「緑のふるさと協力隊」から見る地域づくりと人づくり

INFORMATION

  • 2016年7月12日(火)18:45~21:00
  • 池袋キャンパス 本館2階 1202教室

新田氏は、農山村再生を目的として「緑のふるさと協力隊」を1994年に設立、この間に約500名の若者を地域に派遣し、政府による地域おこし協力隊のモデルともなった。「緑のふるさと協力隊」の結成から現在に至る流れとその成果、課題について言及し、人づくりが地域創生に果たす役割について具体的にお話しいただく。

講師

特定非営利活動法人 地球緑化センター理事長
新田 均 氏

1940年生まれ。京都府出身。日本青年奉仕協会事務局長などを経て、1993年NPO「地球緑化センター」を設立。中国での植林ボランティア活動、国内森林ボランティア活動、長期1年間「緑のふるさと協力隊」派遣事業等。2013年地球緑化センター理事長に就任。著書に『森へ行こう 山村へ行こう—NPO地球緑化センターの森林ボランティア活動』(春秋社)、『自耕ニッポン 時速4km 豊かさの思想』(NPO地球緑化センター)。

ESD研究所所長、社会学部・同研究科教授
阿部 治

詳細情報

名称

公開講演会「緑のふるさと協力隊」から見る地域づくりと人づくり

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、ESD研究所、*ESD地域創生研究センター設置準備室

備考

*「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に基づき、ESD研究所内に設置されるものである。

お問い合わせ

ESD研究所 後藤
TEL:03-3985-2686 E-mail:esdrc@rikkyo.ac.jp
★E-mail

イベントレポート