公開講演会「 リーダーシップとコミュニケーション(Communicative Pathways to Leadership)」使用言語:英語(通訳なし)

INFORMATION

  • 2016年6月1日(水)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス マキムホール 2階M201

「コミュニケーション・リーダーシップ(Communicative Leadership)」や「リーダーシップ・コミュニケーション(Leadership Communication)」という言葉が象徴的に示すように、リーダーシップの発揮には、共通の目標達成に向けて他者を巻き込み、動かしていくコミュニケーション実践が不可欠である。また、リーダーに求められるコミュニケーション能力は多岐にわたり、所属する組織・集団のあり方や取り組む課題などによっても大きく異なるため、理論と実践の双方から多角的かつ多面的に考察していく必要がある。本講演会では、カンサス・リーダーシップ・センターにおける市民リーダーシップ・トレーニングを始め、数多くのリーダー養成プログラムに携わってきたTim Seffensmeiser氏に、NGOや地域コミュニティなどの「市民的文脈 (Civic Context)」で求められるコミュニケーションやリーダーシップのあり方についてご講演いただく。

講師

カンサス州立大学コミュニケーション学科学科長
Tim Steffensmeier(ティム・ステファンスマイヤー)氏

2005年テキサス大学大学院コミュニケーション研究科博士課程修了(PhD)。現在、カンサス州立大学コミュニケーション学科学科長。同大学 Institute for Civic Discourse and Democracy のリサーチ・アソシエートも兼務している。専門分野はレトリック研究および議論学で、近年は持続可能なコミュニティ開発における熟議の役割をテーマに研究を続けている。主な著書に Readings on Argumentation (2008, Strata Publishing, 共編著)やThe Daily Show and Rhetoric: Arguments, Issues, and Strategies (2011, Lexington Books, 共著) がある。

詳細情報

名称

公開講演会「 リーダーシップとコミュニケーション(Communicative Pathways to Leadership)」使用言語:英語(通訳なし)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※事前申込不要、入場無料

主催

異文化コミュニケーション学部

お問い合わせ

学部事務4課 異文化コミュニケーション学部担当

TEL:03-3985-4824

イベントレポート