《ESD研究所》長崎県対馬市と立教大学ESD研究所のESD研究連携に関する覚書締結記念講演会

INFORMATION

  • 2016 年6 月7 日(火)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 12号館B1F 第3・4会議室

近年、各地で進められている地域創生にとって重要なことは、住民による地域への誇りの回復であり、それは「地元学」などを通した住民自身の主体的な学びによって実現される。そうした長期的な視点に立った人づくりの視点から地域創生を考えるために、このたび立教大学ESD 研究所は、人づくりを地域創生の根本に据えて取り組みを展開している長崎県対馬市とESD 研究連携に関わる覚書を締結し、環境教育・ESD を通じた地域創生の重要性や手法を発信していくこととなった。今回は、調印締結の後に覚書締結記念講演会を開催する。

講師

長崎県対馬市長
比田勝 尚喜氏

長崎県対馬市長。上対馬役場に入り、対馬市の情報政策課長や農林水産部長などを歴任。副市長を経て2016年より現職。

ESD 研究所所長、社会学部・同研究科教授
阿部 治

詳細情報

名称

《ESD研究所》長崎県対馬市と立教大学ESD研究所のESD研究連携に関する覚書締結記念講演会

対象者

教職員、学生、校友、一般
※入場無料、申込不要

主催

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESD による地域創生の評価とESD 地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、ESD研究所

共催

長崎県対馬市

お問い合わせ

ESD 研究所 後藤

TEL:03-3985-2686
ryukigoto@rikkyo.ac.jp

イベントレポート