公開講演会「アメリカにおけるオンライン授業とMOOCの最新動向について」

INFORMATION

  • 2016年6月3日(金)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

アメリカで行われているMOOC(Massive Open Online Course)において、その専門水準と聴講者の規模の大きさで高い評価を得ており、またオンライン授業の実践者である講師をお招きして、アメリカにおけるMOOC とオンライン授業の最新動向を語っていただく。
また、本学のJMOOC 開講講座の事例について理学部の北本教授に報告してもらう。

講師

セントラルフロリダ大学ホスピタリティ経営学部准教授
原 忠之 氏

上智大学法学部法律学科卒業後、日本興業銀行、外務省職員を経て、米国コーネル大学ホテル経営学部大学院ホテル経営修士、同大学ホテル学博士(PhD)。観光の経済的効果に関する研究が専門であり、国連世界観光機構(UNWTO) の公式コンサルタントとしても活躍している。日本の観光関係の多くの組織・団体にも外部委員などで協力をしている。原氏による観光分野のMOOC は、世界各国政府統計局向けの講習内容を利用した専門水準とその規模(千名以上)で高い評価を受けている。

本学理学部物理学科教授
北本 俊二

詳細情報

名称

公開講演会「アメリカにおけるオンライン授業とMOOCの最新動向について」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

メディアセンター、観光学部

備考

詳しいチラシはこちら

お問い合わせ

メディアセンター

TEL:03-3985-2905

イベントレポート