第11回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(5月19日~6月1日)

INFORMATION

  • 2016年5月19日(木)~6月1日(水) ※14日間
  • 池袋西口一帯

「街のどこもが美術館」をテーマに、2006年度より開催している地域のアートイベント「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」が今年も5月に開催されます。
本学はこのイベントの発起人の一人として、地元のNPOゼファー池袋まちづくり、東武百貨店、豊島区と共に、2005年の開催時より企画と運営に関わってきました。
今回も、昨年と同様に、地元のデザイナー集団C-DEPOの協力による公募展(=アートギャザリング)や、東武百貨店美術画廊での特別企画、区内小学校児童の作品約800点を展示する「まちかど子ども美術館」、池袋駅周辺の46会場での美術作品展示、各種の講演会・企画展示・ワークショップ等が催されます。
また、今年からこの時期に合わせて、JR東日本による “駅からハイキング” (5月21日~6月1日)も開催され、多くの方々が街を回遊します。

詳細情報

名称

第11回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(5月19日~6月1日)

内容

【プログラム1】
講演会「あわい(間)の街としての池袋、そして池袋モンパルナス」
《日時》 5月21日(土) 14:00~16:00
《場所》 東京芸術劇場 シンフォニースペース
《内容》 池袋モンパルナスの芸術家達のこころを読み解き、池袋という街の魅力に迫る。
《講師》 押見 輝男 (本学名誉教授)
《対象》 本学学生、教職員、校友、一般
《参加費》1,000円(立教大学の学生は無料) 要事前申込。申込はこちら
※4月に「入場無料・事前申込不要」と記載しましたが、正しくは上記のとおりです。
《問合せ先》 社会連携教育課 TEL:03-3985-2204

【プログラム2】
「旧江戸川乱歩邸特別公開とギャラリートーク」
《日時》 会期中の火木を除き開館 5月20日(金)~23日(月)、25日(水)、27日(金)~
30日(月)、6月1日(水) 計10日間 10:30~16:00
《場所》 立教大学大衆文化研究センター 旧江戸川乱歩邸
《内容》 「怪人二十面相」など数々の名作を生んだ乱歩の旧邸(応接間)と土蔵を特別公開。
《講師》 落合 教幸 (本学大衆文化研究センター学術調査員)
《対象》 本学学生、教職員、校友、一般 ※申込不要、入場無料
《問合せ先》 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター TEL:03-3985-4641

【プログラム3】
「似顔絵描き/ぬり絵/ポストカード販売」
《日時》 会期中の土日開催 5月21(土)、22(日)、28(土)、29(日) 13:00~16:00
《場所》 東武ホープセンター 地下通路 特設会場
《内容》 本学「漫画研究会」による似顔絵描き、ぬり絵、ポストカード販売
《対象》 本学学生、教職員、校友、一般 ※申込不要、入場無料
《問合せ先》 学生生活課 TEL:03-3985-2438

【プログラム4】
「立教大学サパンヌ美術クラブ作品展」
《日時》 5月19日(木)~6月1日(水) 9:00~21:00
《場所》 豊島法人会 1階 ホール
《内容》 本学「サパンヌ美術クラブ」の作品を展示
《対象》 本学学生、教職員、校友、一般 ※申込不要、入場無料
《問合せ先》 学生生活課 TEL:03-3985-2438

◆オープニングセレモニー
《日時》 5月19日(木) 10:15~10:45
《場所》 東武百貨店池袋店 5階 美術画廊
《式次第》 実行委員長挨拶、豊島区長挨拶、発起人代表挨拶(立教大学、東武百貨店、
NPOゼファー) ※本学から吉岡総長出席予定

主催

《発起人団体》 NPO法人ゼファー池袋まちづくり/立教大学/東武百貨店/豊島区 《主催》 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館実行委員会

協力

豊島法人会/東京池袋西ロータリークラブ

後援

《協力》 東京地下鉄㈱/池袋西口商店街連合会/東武ホープセンター/ルミネ池袋/ マルイシティ池袋/ビックカメラ/ホテルメトロポリタン/東京芸術劇場/ 東京商工会議所豊島支部/豊島区商店街連合会/豊島区観光協会/豊島産業協会 豊島立教会/豊島区第三地区15町会/渡邊建設/京北自動車交通/チャコット/ 池袋消防署/メトロポリタンプラザビル/展示各会場 《特別協力》 東日本旅客鉄道/東武鉄道/西武鉄道

協賛

豊島法人会/東京池袋西ロータリークラブ

イベントレポート