公開講演会「Transpacific Memories of Post -war Yokohama: the Japanese Canadian Experimental Art of Cindy Mochizuki 戦後横浜のトランスナショルな記憶: シンディ・モチヅキの日系カナダ人に関する実験的アート」※使用言語:英語(通訳なし)

INFORMATION

  • 2016年4月20日(水)18:30~20:00
  • 池袋キャンパス マキムホール (15号館)2階 M202教室

1942年、カナダ政府は日系カナダ人を敵国人とし強制収容所へ送り、1946年には4000人の日系カナダ人を日本に送還した。本講演では、「トランスパシフィック」という枠組みを使い、日本に送還された日系カナダ人の戦後の複雑な家族関係にまつわる記憶と沈黙をたどるシンディ・モチヅキの作品を考察する。モチヅキは1946年に日本に送還された経験を持つ彼女自身の父親と結婚するため、1960年代に戦後横浜からカナダに渡った母親の記憶を作品にしている。モチヅキの作品は、他のアジア諸国からの性労働者などの近年の横浜の移住者にも触れつつ、トランスナショナルな枠組みを使用することで「祖国」とのノスタルジックな紐帯をより複雑に捉えている。

講師

Associate Professor, School of Communication, Simon Fraser University, Canada :サイモンフレーザー大学コミュニケーション学部准教授、カナダ
Kirsten Emiko McAllister, Ph.D. カースティン・エミコ・マックアリスター氏

カナダのカールトン大学で博士(社会学)の学位取得後、イギリスに渡り、ランカスター大学、ウィンザー大学で教育・研究に従事。2003年から現職。専門はコミュニケーション、カルチュラル・スタディーズ。特に移民コミュニティと移民が移住先で適応していく過程でのメディア使用に焦点をあてて研究をしている。主著にThe Terrain of Memory: A Japanese Canadian Memorial Project (Vancouver: University of British Columbia Press, 2010).

詳細情報

名称

公開講演会「Transpacific Memories of Post -war Yokohama: the Japanese Canadian Experimental Art of Cindy Mochizuki 戦後横浜のトランスナショルな記憶: シンディ・モチヅキの日系カナダ人に関する実験的アート」※使用言語:英語(通訳なし)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

異文化コミュニケーション学部

お問い合わせ

学部事務4課

(TEL: 03-3985-4824)

イベントレポート