公開講演会「Contesting sexual discourses in the Anglican Communion: Insights from contrasting debates about ‘modernity’ and ‘homosexuality’ in Uganda and Japan.」(アングリカン・コミュニオンにおける「性」言説を問う——ウガンダと日本における「近代」と「同性愛」をめぐる対照的な議論から見えてくるもの)
※使用言語:英語(通訳なし)

INFORMATION

  • 2016年4月11日(月)18:20~20:00
  • 池袋キャンパス 12号館2階 会議室

Christian denominations generally have been divided on issues of sexuality, particularly same-sex relations, none more publically or angrily than the worldwide Anglican communion. The lecture will examine the state of the Anglican Communion in the light of the Primates’ Meeting at Canterbury in January 2016. African churches have been particularly vocal on issues of sexuality. The lecture will argue that Africa, and specifically Uganda, is not as uniformly or as deeply homophobic as the recent debates might suggest. I will reflect on changing African attitudes to same- sex relations in the light of Japan’s response to ‘modern’ debates on sexuality in the works of such writers as Ogai Mori and Edogawa Ranpo, and more recent ‘bishonen’ films.

キリスト教諸教派では、性の問題、特に同性愛の関係に関する意見が分かれているが、世界のアングリカン・コミュニオンほど公式に激しい議論を交わしている教派はないかもしれない。本講演は2016年1月にカンターベリーで開催された首座主教会議を題材にアングリカン・コミュニオンの現状を分析する。性の問題に関してアフリカの教会は特に活発に声を挙げてきたが、本講演では、アフリカ、とりわけウガンダが最近の議論が示しているほど一様的に同性愛嫌悪の強い場所ではないことを論じる。森鴎外や江戸川乱歩などの著作、そして近年の「美少年」映画に見える、性をめぐる「近代的」議論への反応に照らして、アフリカにおける同性愛に対する態度の変化を考えることにする。

講師

リーズ大学アフリカ宗教学講座准教授
Kevin Ward(ケヴィン・ワード)氏

Kevin Ward is an Anglican priest, ordained in the Church of Uganda.He was a lecturer in the Bishop Tucker Theological College (now the Uganda Christian University) from 1976-1991, and was associate professor of African Religious Studies at the University of Leeds from 1995-2014. In 2015 he was a visiting professor at the Chinese University of Hong Kong. He is author of A History of Global Anglicanism (Cambridge University Press, 2006) and co-editor with Brian Stanley of The Church Mission Society and World Christianity, 1799–1999 (1999), and has written extensively on the history of Christianity in East Africa, and on Christian debates on sexuality in Uganda.

ワード氏はウガンダ聖公会で按手された司祭であり、1976年から1991年までウガンダのビショップ・タカー神学院(現在:ウガンダ・キリスト教大学)の講師として活躍し、1995年から2014年までリーズ大学のアフリカ宗教学講座准教授を務めた。また2015年に香港中文大学の客員教授としてアジアを訪問した。最近の業績には『A History of the World Anglican Communion』(2006年)と『The Church Mission Society and World Christianity, 1799–1999 』(Brian Stanleyと共に編集、1999年)がある。その他、東アフリカにおけるキリスト教史、またウガンダのキリスト教界における「性」言説に関する数多くの研究論文を発表している。

詳細情報

名称

公開講演会「Contesting sexual discourses in the Anglican Communion: Insights from contrasting debates about ‘modernity’ and ‘homosexuality’ in Uganda and Japan.」(アングリカン・コミュニオンにおける「性」言説を問う——ウガンダと日本における「近代」と「同性愛」をめぐる対照的な議論から見えてくるもの)
※使用言語:英語(通訳なし)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

キリスト教学研究科

共催

ジェンダーフォーラム

お問い合わせ

学部事務1課 

TEL:03-3985-2521

イベントレポート