国際シンポジウム「現代中国語文学『概念と思潮』」 11月21日・22日

INFORMATION

  • 2015年11月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
  • 新座キャンパス 7号館 アカデミックホール

母語の外の言語による文学、特に東南アジアの中国語文学(Sinophone)について、台湾の移民作家、研究者らをお招きして、交流文学としての位置付けについて議論します。
※使用言語:中国語

詳細情報

名称

国際シンポジウム「現代中国語文学『概念と思潮』」 11月21日・22日

内容

《主な発表者》
陳大為 氏 台北大学 教授。マレーシア出身詩人。
鍾怡雯 氏 元智大学 教授。マレーシア出身エッセイスト。
許通元 氏 南方大学 講師。マレーシア華人文学館副館長。
山口 守 氏 日本大学文理学部 教授。台湾文学研究。
大東 和重 氏 関西学院大学法学部 教授。日本、中国・台湾比較文学研究。
松浦 恆雄 氏 大阪市立大学文学部 教授。中国文学研究

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※入場無料

主催

観光学部交流文化学科、台北大学中国文学系、元智大学中国文学系

お問い合わせ

舛谷 鋭(観光学部教授)

TEL 048-471-7448
masutani[at]rikkyo.ac.jp
※E-mailアドレスの[at]の部分を@に置き換えてください。

イベントレポート