公開講演会「全カリ教育の可能性~授業担当者が今一度語る日本のコンテンツ産業」

INFORMATION

  • 2015年10月14日(水)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 9号館大教室
    ※会場が変更となりました。

2014年度全学共通カリキュラム総合教育科目主題別B科目で開講した「日本のコンテンツ産業は世界に通用するか」は、予想を上回る履修者を集めただけではなく、その授業内容が評価され、書籍出版という形でさらに発展させることができた。これは全学共通カリキュラムが持つ柔軟かつ多様な教育運営の成果であり、また単にリベラルアーツ教育の敷衍化にとどまらず、新たな視野・知見を担当教員にも考えさせる教育実践の場の結実であるからと考える。
そこで2016年度からの学士課程統合カリキュラム開始を前に、全学共通カリキュラム教育の意義を改めて確認することは意味あることと考え、本講演会を実施する。

講師

ワタナベエンターテイメント会長、2014年度本学兼任講師
吉田 正樹 氏

東京大学法学部卒業。1983年フジテレビ入社。在職中はゼネラルプロデューサー、編成制作局バラエティ制作センター部長、デジタルコンテンツ局デジタル企画室部長、SBIホールディングスインキュベーション部ライン部長待遇。2009年フジテレビ退職後吉田正樹事務所設立。ワタナベエンターテイメント会長にも就任。著書『メディアのリアル』(プレジデント社、2015年)。2014年度本学全学共通カリキュラム主題別B科目兼任講師。

キングコング
西野 亮廣 氏

1980年兵庫県川西市出身。タレント。2000年NHK上方漫才コンテスト最優秀賞。2001年ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞、上方漫才大賞新人賞、上方お笑い大賞最優秀新人賞など数多くの賞を受賞。2013年2月、ニューヨークのトライベッカ「One Art Space」で初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催。同年11月、「TDW ART FAIR 2013」の「小川登美夫賞」「川崎健二賞」を受賞。

司会

本学経済学部教授
郭 洋春

詳細情報

名称

公開講演会「全カリ教育の可能性~授業担当者が今一度語る日本のコンテンツ産業」

対象者

本学学生、大学院生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

全学共通カリキュラム運営センター

お問い合わせ

全学共通カリキュラム事務室 

TEL:03-3985-2910

イベントレポート