第14回立教経営塾
「KUMON(公文)のグローバル展開 — 北米での実践を例として — 」※要事前申込

INFORMATION

  • 2015年5月14日(木)18:30~20:10
  • 池袋キャンパス マキムホール(15号館)3階 M301教室

経営学部では、学部学生が企業の第一線で活躍されているビジネスパーソンに直接お話を聞き、語り合う教育的機会を増やすことと、2010年度に「立教経営塾」を立ち上げ、講演会を開催してきました。
この度、TOEFL® PrimaryとTOEFL Junior®を日本で展開している公文グループ傘下のグローバル・コミュニケーション&テスティング(GC&T)の代表取締役社長であられる楠澤秀樹様をお迎えして、下記の通り第14回立教経営塾を開催したします。奮ってご参加ください。

講師

グローバル・コミュニケーション&テスティング代表取締役社長
楠澤 秀樹 氏

1981年に公文教育研究会入社後、米国テキサス州、カリフォルニア州、ニュージャージー州、カナダでのご勤務ののち、日本本社の経理部長を経て、2003年に北米公文代表取締役副社長、2009年に代表取締役社長。2011年に公文教育研究会取締役、2014年にGC&T代表取締役社長に就任。

詳細情報

名称

第14回立教経営塾
「KUMON(公文)のグローバル展開 — 北米での実践を例として — 」※要事前申込

内容

日本のサービス産業が世界の市場に展開する際には、現地の文化にいかにとけ込むかが重要な課題となります。公文(KUMON)は、主婦を指導者として育成・活用するという日本の生活事情に立脚したフランチャイズ・システムの教育サービスをグローバル化するのに成功しました。公文の教育理念を変えずに、現地の文化や教育観に合わせつつローカライズする過程においてどのような問題が発生し、それらをどのように解決し、そして成功したのか、ということなどについて、その発想と戦略についてお話いただきます。

対象者

本学学生、教職員、一般、高校生
※要事前申込、入場無料

申し込み

事前申し込みが必要です。下記リンクより、5月8日(金)までに下記Webサイトでお申込みください。

万が一、リンクが開けない場合には、「第14回立教経営塾」と明記したうえで、(1)お名前、(2)ご所属をcobjimu@rikkyo.ac.jpまでお送りください。

主催

経営学部

お問い合わせ

学部事務4課(経営学部担当) 

TEL:03-3985-4772

イベントレポート