ワークショップ「学生によるボランティア活動の可能性 ~ ESDの視点から ~ 」

INFORMATION

  • 2015年4月4日(土)10:30~12:00 、4月7日(火)12:30~14:00
  • 池袋キャンパス 本館1階 1104教室

近年、ESDは、地域住民の学びやエンパワメントを通じた人づくりによる地域づくりという形で広がりを見せてきた。少子化や過疎高齢化、自然災害などの諸問題が深刻化する現在において、ESDの視点から地域創生を考えることが重要な手法として求められている。それぞれの地域が抱える課題解決のためにさまざまな地域づくりの取り組みが行われている中で、「若者」や「よそ者」の関わりが注目を集めてきた。そうした状況に対して、「若者」であり、かつ地域にとって「よそ者」でもある学生によるボランティア活動は、どのような役割を担い、どのような可能性を持っているのか。その現状と課題、可能性について、ESDの視点を踏まえながら学び、大学生という立場で何ができるかについて、ボランティア活動に興味を持っている本学の学生とともに考えるワークショップを行う。

講師

本学文学部教授、ESD研究所運営委員
上田 信

詳細情報

名称

ワークショップ「学生によるボランティア活動の可能性 ~ ESDの視点から ~ 」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

ESD研究所

お問い合わせ

ESD研究所 

TEL:03-3985-2686

イベントレポート