第64回ジェンダーセッション「戦争と男の『ヒステリー』 — アジア・太平洋戦争と日本軍兵士の男らしさ — 」

INFORMATION

  • 2014年12月10日(水)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 10号館2階 X203教室

「ヒステリー」の語源は古代ギリシャ語で子宮を意味するhysteraに由来し、西洋では古くから女性に特有の病とされ、 19世紀以降「ヒステリー」が近代精神医学の対象となってからも基本的には「女の病」として考えられてきた。しかし、長期的で苛烈な戦闘を特徴とする総力戦に動員された兵士たちの間で、多くの「男のヒステリー」が見られたのである。本報告では、広義のアジア・太平洋戦争期に日本の軍隊で多数観察された「戦争ヒステリー」や男性の恐怖心に着目し、兵士であることと男らしさの関係、戦時期のジェンダー秩序の変容と再構築について考察する。

講師

関東学院大学非常勤講師/立教大学ジェンダーフォーラム教育研究嘱託
中村 江里 氏

関東学院大学非常勤講師/立教大学ジェンダーフォーラム教育研究嘱託。専門は日本近現代史・軍事史・精神医療史・ジェンダー史。

詳細情報

名称

第64回ジェンダーセッション「戦争と男の『ヒステリー』 — アジア・太平洋戦争と日本軍兵士の男らしさ — 」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

ジェンダーフォーラム

備考

詳しいチラシはこちらから

お問い合わせ

ジェンダーフォーラム

TEL/FAX:03-3985-2307  E-mail:gender@rikkyo.ac.jp
http://www.rikkyo.ac.jp/aboutus/philosophy/activism/gender/

イベントレポート