チャペルコンサート「Noël~フランスの聖夜」

INFORMATION

  • 2014年12月7日(日)15:30~17:30
  • 新座キャンパス 立教学院聖パウロ礼拝堂(新座チャペル)

前年度まで新座のクリスマス・イブ礼拝において、合唱指揮をお願いしていた元立教大学キリスト教学研究科・特任教授スティーブン・モ-ガン氏率いるTokyo Chamber Singers による立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊と立教大学オーガニスト・ギルドの活動支援チャリティコンサート。

合唱

Tokyo Chamber Singers

(TEC)Tokyo Embassy Choir選抜メンバーによる室内アンサンブル。TECとは、1980年代、英国大使館のサー・スティーブン・ゴマソール氏(後の駐日英国大使)により館内で結成された一番町 Singersは、その後British Embassy Choir として発展、さらに今では世界各国出身のメンバーが参加する現状を踏まえ、2013年にTokyo Embassy Choirと改名し、より広い視野に立った活動を続けている。グループはアマチュアでありながらオーディションを経て構成され、現在約50名のメンバーの中には、正式な音楽教育を受けた者、音楽教師、演奏家が多数在籍中である。誰もが歌う喜びを通して、近隣の様々な福祉 の一助となるべく無償で活動している。

指揮

スティーブン・モーガン氏

1995年に来日後、東京近郊の諸大学で英語と音楽の教鞭を執る傍ら、教会音楽の分野でさらに活動の場を広げた。立教大学教会音楽研究所設立メンバー。東北学院大学客員教授(宗教音楽2007-2008)、立教大学大学院キリスト教学研究科・特任教授(教会音楽2009-2014)を歴任。現在は専任教員として創価大学(ワールドランゲージセンター及び大学院文学研究科)に在籍している。

オルガン

立教新座中高オルガニスト
佐藤 雅枝

立教大学文学部心理学科卒業。在学時よりキリスト教音楽学校(現 キリスト教音楽院)にてオルガンを学ぶ。その後フェリス女学院大学音楽学部器楽学科オルガン専攻に進学、卒業後は国内外の講習会に参加しつつ研鑽を積む。現在は、学校・教会・ホール等でオルガン演奏を行う傍ら、オルガンの初心者や愛好家の指導・育成にも力を注いでいる。立教新座中学校・高等学校オルガニスト、聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂オルガニスト。立教大学教会音楽研究所所員、国際音楽フェスティバル美濃白川パイプオルガン入門講座講師。

ハープ

大木 理恵 氏

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。その後渡欧し、ローザンヌ音楽院を Diplome de Concert を得て卒業。第11回日本ハープコンクール、フルートとハープのデュオ部門第3位ほか、コンクール、オーディションにおいて多数入賞。2005年以降、文化庁文化部芸術文化課主催「子供のための優れた舞台芸術体験事業」(旧学校への芸術家等派遣事業)に選ばれる。2004年アメリカンウィンドシンフォニーオーケストラのメンバーとしてアメリカツアーに参加、2007年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅧに出演するなど、在学中より国内外で演奏活動を行う。現在、ソロ、室内楽、オーケストラ、TVなど多岐の分野で演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたる。井上久美子、シャンタル・マチューの両女史に師事。

演奏

TCS室内アンサンブル

詳細情報

名称

チャペルコンサート「Noël~フランスの聖夜」

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料(当日寄付を申し受ける)

主催

Tokyo Chamber Singers

協賛

立教大学チャプレン室

お問い合わせ

チャプレン室事務課 

TEL:048-471-6638

イベントレポート