公開講演会「ダンテ、錬金術伝統、カバラー文学における遍歴する知性」

INFORMATION

  • 2014年12月17日(水)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 11号館2階 A201教室

講師

東海大学文学部専任講師
原 基晶 氏

東京外国語大学大学院イタリア文学科を経て、東海大学文学部ヨーロッパ文明学科専任講師。イタリア中世・ルネサンス文学を専攻。

ナイメヘン大学科学史哲学史研究所研究員
ヒロ・ヒライ 氏

リール第3大学大学院博士課程を経て、現在ナイメヘン大学科学史哲学史研究所研究員。Ph D。ルネサンス思想を専攻。第8回日本学術振興会賞受賞。

日本学術振興会特別研究員PD
山本 伸一 氏

東京大学大学院人文社会系研究科を経て、日本学術振興会特別研究員(PD)。博士(文学)。ユダヤ神秘主義・カバラー思想を専攻。

詳細情報

名称

公開講演会「ダンテ、錬金術伝統、カバラー文学における遍歴する知性」

内容

本講演会では、ルネサンス前後の思想・文学を専攻する3名の研究者を招聘し、「遍歴」という統一テーマのもとで、当時の知的土壌の豊かさを浮かび上がらせることを目的とする。最初に、3人の講師がそれぞれ20分程度で講演し、その後、司会者とフロアを交えた討論を行う。

原 基晶 氏「アダムの言語をめぐる遍歴——神曲を中心に」
ヒロ・ヒライ 氏「中世ルネサンス錬金術文献における遍歴」
山本 伸一 氏「カバラー文学のなかの旅する神秘家たち」

《司会》
小澤 実(本学文学部准教授)

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文学部史学科

お問い合わせ

学部事務1課 

TEL:03-3985-2479

イベントレポート