フランス文学専修創立50周年記念公開シンポジウム
「サルトルとデリダ」(仮題)

INFORMATION

  • 2014年12月6日(土)13:30~15:00
  • 池袋キャンパス 5号館5階 5501教室  

ジャック・デリダとジャン=ポール・サルトルの哲学を現代の状況から論じる。※使用言語:フランス語(通訳あり)

講師

パリ第8大学教授
フランソワ・ヌーデルマン氏

1958年生まれ。大学教授資格保持者、哲学博士。専攻は哲学・文学だが、芸術にも造詣が深く、その分野での著作も多い。ジャック・デリダの後を受け国際哲学コレージュ院長(2001〜2004)、ジョン・ホプキンス大学、ニューヨーク大学の客員教授などを歴任。エドゥアール・グリッサンが設立した全—世界学院のセミナーの責任者も務める。2002年からは、ラジオ・フランス・キュルチュールの哲学番組を制作し、人気を博した。

詳細情報

名称

フランス文学専修創立50周年記念公開シンポジウム
「サルトルとデリダ」(仮題)

対象者

本学学生、大学院生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

文学部文学科フランス文学専修

お問い合わせ

学部事務1課 

TEL:03-3985-2530

イベントレポート