連続公開講座 第39回社会福祉のフロンティア 「デンマークの高齢者介護とジェンダー — 新しい課題、革新と戦略」6

INFORMATION

  • 2014年6月6日(金)18:30~20:30
  • 池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

デンマークにおける高齢者介護システムの現状について講演していただく。デンマークの介護サービスは主として公共部門が担い、雇用吸収力が高く、女性の雇用機会を拡大する役割を果たしてきた。現在においても、社会サービスは量・質とも世界トップクラスであるといってよい。その理由として、介護システムについて戦略的に見直しと革新を行なってきたことが挙げられる。だが、女性労働に主として依存していることによる性別役割分業問題も抱えている。デール教授はデンマークの介護労働についてジェンダーの視点から分析されてきた。デンマークの現状を知るとともに、グローバル化と福祉国家の持続可能性について考察したい。※使用言語:英語(通訳あり)

講師

デンマーク・ロスキレ大学社会・グローバル学部教授
ハンナ・マレネ・デール 氏

詳細情報

名称

連続公開講座 第39回社会福祉のフロンティア 「デンマークの高齢者介護とジェンダー — 新しい課題、革新と戦略」6

対象者

本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料

主催

立教大学社会福祉研究所

お問い合わせ

立教大学社会福祉研究所 

TEL:03-3985-2607

イベントレポート