第9回 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館開催(5月15日~28日)

INFORMATION

  • 2014年5月15日(木)~5月28日(水)※14日間
  • 東武百貨店池袋店6階美術画廊

今年も、「街のどこもが美術館」をテーマに、地域のアートイベント「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」が開催されます。
本学はこのイベントの発起人団体として、2006年の第1回開催時より、地元のNPO法人ゼファー池袋まちづくり・東武百貨店・豊島区と共に、企画と運営に関わっています。
今回も、例年と同様に、池袋西口一帯の45会場での美術作品展示、通りをフラッグで埋め尽くす「はたはたギャラリー」、区内小学校児童の作品約800点を展示する「まちかど子ども美術館」、東武百貨店美術画廊での特別企画、各種の講演会・企画展示・ワークショップなどが催されます。

詳細情報

名称

第9回 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館開催(5月15日~28日)

内容

【プログラム1】
■トークショー「昭和の豊島区と作家・芸術家たち~新興の土地と新興の芸術~」
《日時》5月17日(土)14:00~16:00
《場所》池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
《内容》関東大震災(1923年、大正12年)の後、作家や芸術家たちが都心から郊外に移りいくつかの文士村、芸術家村ができました。田端、馬込などが有名ですが、池袋モンパルナスで知られる豊島区にも、多くの作家・芸術家が移り住み、ここを拠点に新興の芸術を立ち上げました。西池袋に住んだ江戸川乱歩、要町の山手樹一郎などもその一人です。今回は、乱歩氏のご令孫である平井憲太郎氏と豊島区文化デザイン課学芸員の市川寛也氏をお招きし、乱歩との思い出や池袋との関係について、また昭和の豊島区とそこに住み活躍した作家・芸術家たちについて紹介していただきます。
《講師》平井 憲太郎 氏(江戸川乱歩氏ご令孫)、市川 寛也 氏(豊島区文化デザイン課学芸員)
《司会》藤井 淑禎(本学文学部教授)
《対象》本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
《問合せ先》総長室教学連携課 TEL:03-3985-2204

【プログラム2】
■旧江戸川乱歩邸特別公開とギャラリートーク
《日時》
[特別公開]5月16日(金)~19日(月)、21日(水)、23日(金)~26日(月)、28日(水)10:30~17:00
[ギャラリートーク]5月17日(土)、24日(土)13:00~13:30
《場所》立教大学大衆文化研究センター 旧江戸川乱歩邸
《内容》「怪人二十面相」シリーズなど数々の名作が生まれ、『幻影城』と呼ばれた土蔵、乱歩の書斎、愛用の品々等を特別公開。
《講師》落合 教幸(本学大衆文化研究センター学術調査員)
《対象》本学学生、教職員、校友、一般
《問合せ先》大衆文化研究センター TEL:03-3985-4641

【プログラム3】
■似顔絵描き/ぬり絵/ポストカード販売
《日時》会期中の土日曜開催 5月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)13:00~16:00
《場所》東武ホープセンター地下通路特設会場
《内容》本学「漫画研究会」による似顔絵描き、ぬり絵、ポストカード販売
《対象》本学学生、教職員、校友、一般
《問合せ先》学生生活課 TEL:03-3985-2438

【プログラム4】
■サパンヌ美術クラブ作品展
《日時》5月15日(木)~28日(水)
《場所》勤労福祉会館
《対象》本学学生、教職員、校友、一般
《問合せ先》学生生活課 TEL:03-3985-2438

※オープニングセレモニー
《日時》5月15日(木)10:15~10:45
《場所》東武百貨店池袋店6階美術画廊

主催

新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館実行委員会

後援

東京地下鉄(株)/池袋西口商店街連合会/東武ホープセンター/ルミネ池袋/マルイシティ池袋/ビックカメラ/ホテルメトロポリタン/東京芸術劇場/東京商工会議所豊島支部/豊島区商店街連合会/豊島区観光協会/豊島産業協会豊島立教会/豊島区第三地区15町会/渡邊建設/京北自動車交通/チャコット/池袋消防署/メトロポリタンプラザビル/展示各会場 《特別協力》 東日本旅客鉄道/東武鉄道/西武鉄道

協賛

豊島法人会/東京池袋西ロータリークラブ

お問い合わせ

教学連携課

TEL:03-3985-2204

イベントレポート