物理学科について

物理学とは 物理学は自然の認識におけるもっとも基本的な科学であり,その発展は相対性理論や量子力学の場合に典型的に見られるように,我々の考え方や概念に根本的な変革をもたらしてきた。そして,現代の物理学はかつて思いも至らなかった新たな緒領域の探求をめざして進められ,その成果は広範な分野の科学技術に応用されている。素粒子などの極微の世界から宇宙などの極大の世界までが統一されようとしている物理学の最先端を,理学部物理学科・大学院物理学専攻で学ぶことができる。
カリキュラム 伝統ある少人数教育をいかし,高校教育とのギャップを早急に解消し,かつ大学院進学者の要望にも対応できるよう配慮されている。必修科目数は極力押さえ,物理学科の学生として必要となる教育は実質3年次までに終了し,4年次においては素粒子論・宇宙物理・原子核物理・原子物理・宇宙線・太陽物理・地球物理などの専任スタッフの研究分野を反映した多種多様な(大学院との共通)科目の選択が可能である。物理学科は大学院物理学専攻につながっている。
実験・演習・
卒業研究
事物に則して物理学を学び,物理的な感覚を身に付けるために実験が重視されている。特に3年次では基礎的測定技術の習得を重点に置いた物理実験を履修する。一方,物理学に於いては理論的・論理的思考が重要であるため,演習では,一人の教員と10-20名の学生で構成される小グループに分かれ,教員の助言を得て問題を解き,物理学の方法・考え方になれ,基礎的概念や複雑な問題の解法を理解できるように工夫されている。4年次での卒業研究は実験あるいは理論の選択必修である。3-5名程度の学生が一人の教員の指導を受け,1年を通して研究を行い,研究の最前線に触れる機会を提供している。

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)