物理学科談話会

物理学科の教員をはじめ、他学科、他学部、学外の専門家を講師として、 学部学生のために、最先端の研究などをわかりやすい内容で紹介してもら おうという集まりです。

講演のあと、パーティーを行い、講師やその他の教員とざっくばらんに 議論できる機会でもありますので、奮ってご参加ください。


 2017年度


  • 「なぜ私たちは(1+9)次元時空に住んでいるのか?」(新入生歓迎談話会)
    中山優准教授(立教大学理学部)2017.4.7

 2016年度


  • 「量子力学の日本への移入と杉浦義勝」
    中根美知代氏(立教大学兼任講師) 2016.7.8

  • 「ILCの物理と加速器」
    [ヤン・ジャクリン氏(高エネルギー物理学研究機構素粒子原子核研究所)] 2016.5.12

  • 「遂に直接検出された重力波とこれからの物理学・宇宙物理学」(新入生歓迎談話会)
    原田知広教授,小林努准教授,内山泰伸教授,村田次郎教授(立教大学理学部)2016.4.7

 2015年度


  • 「闇に光を ー現代宇宙論最大の謎の解明に向けてー」
    横山修一郎氏(理学部物理学科助教) 2015.11.26

  • 「超弦理論による宇宙の未解決問題への挑戦」
    疋田泰章 (立教大学理学部物理学科・助教) 2015.7.6

  • 「放射線で紡ぐ物理と社会」(新入生歓迎談話会)
    洞口拓磨氏(理学部特任准教授) 2015.4.4

 2014年度


  • 「極低温検出器で迫る宇宙像」
    星野晶夫氏(物理学科助教) 2014.11.17

  • 「新種の謎の変動天体,Fast Radio Burst は連星中性子星の合体か?」
    戸谷友則氏(東京大学理学部教授) 2014.10.10

  • 「はやぶさ」のミッションを支えた光学センサ
    津野克彦氏(理化学研究所EUSOチーム)2014.5.29

  • 「宇宙からの手紙を解読する:「宇宙線」はどこから来るのか」(新入生歓迎談話会)
    内山泰伸(物理学科准教授)2014.4.5

 2013年度


  • 「陽電子ビームを用いた原子・分子物理学実験」
    立花隆行 助教(立教大学理学部物理学科)2013.12.16

    • 「高エネルギー原子核実験で明かされる初期宇宙の世界」
      榎園昭智 助教(立教大学理学部物理学科)2013.11.25

      • 「光で探る超高層大気―南極から地球を診る」
        鈴木秀彦 助教(立教大学理学部物理学科)2013.10.21

        • 「医学物理学への招待」
          洞口拓磨 特任准教授(立教大学理学研究科) 2013.6.21

        • 「宇宙はどこまでわかったか?」(新入生歓迎談話会)
          小林 努 准教授(立教大学理学部物理学科) 2013.4.6

         2012年度


         
        • 「超弦理論とアインシュタインの夢」
          [江口徹氏(立教大学理学部教授)] 2012.12.10

        • 「海外で研究する:あしたのためにその1 」
          [前田秀基氏(Centro de Estudios Cientificos, Chile)] 2012.10.29

        • 「J-PARCのパルス陽子ビームを活用したミューオン電子転換過程の探索実験
          ー DeeMe ー」
          [青木正治氏(大阪大学大学院理学研究科)] 2012.9.27

        • 「大型高強度レーザーによる科学最前線」
          [高部英明氏(大阪大学レーザーエネルギー学研究センター教授)] 2012.8.7

        • 「宇宙における分子進化と氷星間塵の役割」
          [渡部直樹氏(北海道大学低温科学研究所教授)] 2012.6.21

        • 「惑星探査の近況とこれから」(新入生歓迎談話会)
          [亀田真吾(立教大学理学部)] 2012.4.9

         2011年度


        • 「究極理論は存在するか ~対称性の破れと統一~」
          [黒木経秀(立教大学理学部)] 2011.11.24

        • 「物理学と福島問題」(新入生歓迎談話会)
          栗田和好,村田次郎(立教大学理学部) 2011.4.25

         2010年度


        • 「陽子線治療における医学物理研究」
          [西尾禎二氏(国立がんセンター東病院)] 2010.6.11

        • 「X線で見る宇宙の姿」(新入生歓迎談話会)
          [村上弘志(立教大学理学部)] 2010.4.9

         2009年度


        • 「医学物理士養成プログラム説明会」
          [小澤修一、川嶋基隆(順天堂大学医学研究科)] 2009.7.10

        • 「地球型惑星の大気」(新入生歓迎談話会)
          [田口 真(立教大学理学部)]2009.4.11


         2008年度


        • 「RHIC PHENIX実験 −超高エネルギー原子核衝突で宇宙創成はじめの百万分の1秒間を探る−」
          [秋葉康之(理化学研究所)]2008.10.17

        • 「太陽観測衛星「ひので」が探る太陽の謎と神秘」(新入生歓迎談話会)
          [矢治健太郎(立教大学理学部)]2008.4.3


         2007年度


        • 「放射線計測とエレクトロニクス -過去・現在・未来-」
          [村上浩之(理学部物理学科)]2008.3.15

        • 「大学・企業・研究所そして南極へ」
          [安藤 嘉章(情報通信研究機構)]2007.12.19

        • 「がん放射線療法と医学物理士の果たす役割」
          [唐澤久美子(順天堂大学医学部)]2007.5.24
        • 「臨床現場で働く医学物理士として」
          [西尾禎治(国立がんセンター)]2007.5.24

        • 「膨張する宇宙とブラックホール」(新入生歓迎談話会)
          [原田知広(物理学科講師)]2007.4.13


         2006年度


        • 「弦理論はどこまできたか」
          [風間洋一先生(東京大学教授)]2006.10.12

        • 「月の起源 - 巨大衝突仮説は正しいか?」
          [和田桂一先生(国立天文台助教授)]2006.10.3

        • 「現代の錬金術 ~ 不安定原子核の物理」(新入生歓迎談話会)
          [家城和夫(物理学科教授)]2006.4.8


         2005年度


        • 「ECRイオン源の原理」
          [関口雅行(元東京大学)]2005.12.22

        • 「プラズマ分光によるプラズマ診断」
          [加藤隆子(核融合科学研究所教授)]2005.12.15

        • 「ブラックホール宇宙物理学最前線」」(新入生歓迎講演会)
          [大須賀 健(立教大学理学部物理学科)]2005.4.6


         2004 年度


        • 「素粒子理論最先端にふれてみよう -動画で解る、相対性理論からひも理論まで-」
          [鈴木久男(北海道大学理学研究科)]2004.10.21

        • 「コミュニケーション重視」って何?
          [池田伸子(立教大学経済学部)]2004.6.17

        • 時間の向きと自然の対称性
          [村田次郎(理学部物理学科)] 2004.4.6


         2003 年度


        • 大気物理学の今、そして将来への展望
          [高橋久夫(ブラジル国立宇宙科学研究所)] 2004.1.21

        • 陽子のスピン偏極が拓く基礎物理
          [齋藤直人氏(京都大学)] 2003.12.18

        • WMAPで何がわかったか?
          [杉山 直氏(国立天文台)]2003.5.23

        • 宇宙の構造形成
          [須佐 元氏(立教大学理学部物理学科)]2003.4.10
          (新入生歓迎講演会)


         2002 年度


        • 結晶場による相対論的重イオンのコヒーレント共鳴励起の観測
          [東 俊行 氏(東京都立大学大学院理学研究科)] 2002.12.20

        • 中質量ブラックホールの発見とスターバースト銀河
          [鶴 剛氏(京都大学)] 2002.11.15

        • 偏極陽子コライダーRHIC始動 -核子スピン構造の解明に向けて-
          [栗田和好(立教大学理学部)] 2002.7.4

        • 宇宙の謎を解く超弦理論 -クォークからブラックホールまで -
          [矢彦沢茂明(立教大学理学部)] 2002.4.10
          ( 新入生歓迎講演会)

         2001 年度


        • 高エネルギー宇宙電子線の観測 [鳥居祥二氏(神奈川大)] 2001.12.5

        • 宇宙をX線で観る。[北本俊二(立教大学理学部)] 2001.11.7

        • 宇宙の始まり、銀河の誕生、そしてブラックホールのお話 [柴崎 徳明(立教大学理学部)] 2001.4.10
          ( 新入生歓迎講演会)

         2000 年度


        • 希ガス固体(希ガスの氷)における電子遷移誘起脱離過程[平山 孝人(学習院大学理学部)]  2000.7.13

        • ブラジルでの地上大気光観測 <Vamos ao Brasil> [山本博聖(立教大学理学部)] 2000.5.25

        • 素粒子の世界 [田中 秀和(立教大学理学部)]  2000.4.7
          ( 新入生歓迎講演会)

         1999 年度


        • ラングランズの夢 -現代数学と現代物理学との接点- [宇沢 達 (立教大学理学部)] 99.12.17

        • DNAの剛さ・柔かさとトポロジー -そして生き物との関係- [花井 亮 (立教大学理学部)] 99.11.18

        • 卒業研究中間発表会 99.10.15

        • 物理学における独創性 -レントゲン、プランク、ボーア、アインシュタイン、ハイゼンベルグを中心にして- [全 一東 教授 (延世大学)] 99.7.7

        • エキゾチック原子核の世界 [下浦 享 (立教大学理学部)] 99.4.7
          ( 新入生歓迎講演会)

         1998 年度


        • 反物質をめざして -低速反陽子の生成と原子物理・原子衝突- [山崎 泰規 教授(東大総合文化・理研)] 98.11.18

        • 卒業研究中間発表会 98.10.14

        • 英語を聞く、話す。 -異文化コミュニケーションの観点から- [鳥飼 玖美子 教授(立教大学観光学部)] 98.7.1

        • 年代学の最近の二三の進展と私の研究 [鈴木 正男 教授(立教大学理学部)] 98.5.27

        • 人工衛星で調べる地球・惑星を包むプラズマ大気 - 太陽-地球・惑星間空間を満たすもの - [平原 聖文(立教大学理学部)] 98.4.6
          ( 新入生歓迎講演会)

         1997 年度


        • 成層圏オゾンを測る -オゾンホールはどうしてできるのか - [鈴木 勝久 (横浜国立大学教育学部)] 97.10.27

        • ストリング理論の魅力 -粒子から紐へ、そして何処へ?- [矢彦沢 茂明(立教大学理学部)] 97.7.9

        • 核反応が起こす化学反応 [佐々木 研一(立教大学理学部)] 97.6.2

        • おひさまの素顔 -新しい太陽像を求めて- [吉森 正人 (立教大学理学部)] 97.4.8
          ( 新入生歓迎講演会)


         1996 年度


        • 生物多様性とナチュラルヒストリー [岩槻 邦男 (立教大学理学部)]

        • 天文学と分子 [岡 武史 (シカゴ大学)] 化学科と合同

        • 銀河系の考古学 -天の河の生成を探る- [S.G. Ryan (英豪連合天文台)]

        • ひとつ、ふたつ、たくさん

          クラスター -気相と凝縮相の間- [小泉 哲夫 (立教大学理学部)]
          ( 新入生歓迎講演会)


         1995 年度


        • X線で輝く中性子星とブラックホール [F.K. Lamb (イリノイ大)]

        • 原子スケール物質科学の世界 [塚田 捷 (東京大学理学部)]

        • 星間分子はどのように作られるか? [長村 吉洋 (立教大学理学部)]

        • オーロラの国でのロケット観測 -オゾン層の上のオゾン- [山本 博聖 (立教大学理学部)]
          ( 新入生歓迎講演会)


Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)