サンフランシスコ立教会 ~地域立教会を訪ねて~

校友会だより

2018/07/06

トピックス

OVERVIEW

サンフランシスコ立教会は、1981年に、当時、総合商社のサンフランシスコ支店長として駐在されていた小寺正道氏(1958年経済学部卒業)を初代会長として発足しました。

アメリカ西海岸という人の入れ替わりの多い土地ながら、長い歴史を誇る同窓会として活動を続け、現在の会員数は約30人です。
会員は、サンフランシスコ市からサニーベール市、シリコンバレーなど、広い範囲に在住されています。日系企業の駐在員の方、スタンフォードやUCバークレーに留学中の学生や企業留学中の方も多く参加しています。土地柄、常に人の移動が多いため、新しく会員になられた方が、慣れない土地でもスムーズに生活基盤を整えられるよう、情報交換やネットワーキングの場を提供し、親睦を深めるようにしています。
主な活動は、年1回開催の年度総会のほか、毎年夏に行う他大学との合同BBQ、有志による食事会、ゴルフコンペ、Jazzの夕べや美術館訪問などベイエリアならではの集まりも催されています。
今後はさらに活動の場を広げ、家族会や留学生サポートなどにも積極的に取り組んでいけたらと考えています。

右から吉岡前総長、光森 和子名誉会長(1961年文学部卒業)、横尾隆一前会長(1965年法学部卒業)

設立時からの会員、カメラマンの鶴田氏(右から3人目)の個展を訪ねて(アジア美術館)

『セントポール 立教大学校友会報 No.442』より抜粋しています。
会報は校友会Webサイトでもご覧いただけます。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2018/08/15

ARTS & CULTURE 2018年夏

立教関係者の作品や文化・芸術活動