ARTS & CULTURE 2018年冬

立教関係者の作品や文化・芸術活動

2018/02/02

トピックス

OVERVIEW

立教関係者(在学生、卒業生、教職員)の作品や文化・芸術活動等を紹介します。

« movie »『星めぐりの町』

主演は、俳優人生55年目にして映画初主演となる小林稔侍さん。一緒に暮らす娘役は壇蜜さんが演じる

映画監督の黒土三男さん(1970年法学部卒業)の『星めぐりの町』が公開されました。映画の舞台となる愛知県豊田市は、黒土さんが2011年の東日本大震災で自宅が半壊した後に移住した町。本作は豊田市全域でロケを行い、豊かな自然と人々の温かさに溢れています。主人公の実直な豆腐屋を演じるのは小林稔侍さん。東日本大震災で家族を失った少年に優しく寄り添うヒューマンドラマです。

監督・脚本 黒土三男
出 演 小林稔侍/壇蜜/荒井陽太/神戸浩/六平直政/
平田満/ 高島礼子 ほか
2018年/日本/ファントム・フィルム/108分
※1月27日(土)より丸の内TOEIほか、 全国ロードショー。
Ⓒ2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
企画、脚本、監督を務める黒土三男さん。映画作品は『蝉しぐれ』以来、12年ぶり

« movie »『伊藤くん A to E』

口先ばかりの28歳フリーター伊藤誠二郎を岡田将生さん、新作が書けない脚本家・矢崎莉桜を木村文乃さんが演じる

作家の柚木麻子さん(2004年文学部卒業)が2013年に発表し、直木賞候補作となった『伊藤くん A to E』が映画化されました。
容姿端麗にして自意識過剰、幼稚で無神経な男「伊藤」。はじめは「伊藤」に振り回される〔A〕~〔D〕 4人の女性に毒づきながらも、やがて5番目の〔E〕となってしまう落ち目のアラサー脚本家。恋愛に秘められた嫉妬、執着、イラ立ち、優越感……誰しもが抱える毒が赤裸々に描き出され、登場人物たちの痛くてぶざまな姿から目が離せない。

監 督 廣木隆一
原 作 柚木麻子『伊藤くん A to E』
出 演 岡田将生/木村文乃/佐々木希/志田未来/
池田エライザ/夏帆 ほか
2018年/日本/ショウゲート/126分
※1月12日(金)より、全国ロードショー。
Ⓒ「伊藤くん A to E」製作委員会
『伊藤くん A to E』
著 者 柚木麻子
出版社 幻冬舎(幻冬舎文庫)
発 行 2016年12月
価 格 580円(税別)

« movie »『アイスと雨音』

ファッションデザイナーのKEISUKEYOSHIDAさん(吉田圭佑/2013年文学部卒業)が衣装を担当する映画『アイスと雨音』が3月から上映されます。吉田さんは東京コレクションにも参加する新鋭のデザイナーです。本作は、初舞台が中止になった若者たちが“現実と虚構”“映画と演劇”のはざまでもがく姿を74分ワンカットで描く青春物語です。

監督・脚本 松居大悟
衣 装 KEISUKEYOSHIDA
出 演 森田想/田中怜子/田中偉登/青木柚/紅甘/戸塚丈太郎 ほか
2017年/日本/SPOTTED PRODUCTIONS/74分
※3月3日(土)より、渋谷ユーロスペースほか、全国順次公開。

« others »都営交通広報誌『ふれあいの窓』

都営交通の広報誌『ふれあいの窓』に堀田茜さん(2015年文学部卒業)が起用されています。堀田さんは女性ファッション誌『CanCam』専属モデルを務めるほか、女優、タレントとして活躍中。『ふれあいの窓』にはNo.265(2017年5月号)から登場し、毎号、都営交通の沿線エリアをガイドしています。

発 行 毎月1日
※ 都営地下鉄各駅(一部を除く)、都バス営業所・支所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー等で配布。
※ 誌面は東京都交通局公式Webサイトでもご覧いただけます。
お問い合わせ 都営交通お客様センター TEL 03-3816-5700
(9:00〜20:00/年中無休)

« others »白い恋人パーク ナイトイベント『スイーツドリームイルミネーション』

お菓子のテーマパーク「白い恋人パーク」に、プロジェクションマッピングを組み合わせた参加型イベントが登場。夜景評論家の丸々もとおさん(1989年社会学部卒業)がプロデュースを手掛けました。

期 間 2月28日(水)まで開催中
時 間 16:45~21:00(最終入場 20:15)
会 場 白い恋人パーク(北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36)
料 金 高校生以上-1,000円(税込)
※中庭のイルミネーションは、3月25日(日)まで開催予定。

« book »『ホースマン —八ヶ岳南麓から世界へ—』、『物語と歩いてきた道 —インタビュー・スピーチ&エッセイ集』、『プロ野球  奇跡の逆転名勝負33』

(右)『プロ野球  奇跡の逆転名勝負33』
著 者:米谷紳之介(法学部卒業) 出版社:彩図社
発 行:2017年11月 価 格:667円(税別)  ※

(中)『物語と歩いてきた道 —インタビュー・スピーチ&エッセイ集』
国際アンデルセン賞作家賞、本屋大賞に輝く上橋菜穂子さん。単行本未収録のインタビューや大切にしてきた本のリストをまとめた一冊です。
著 者:上橋菜穂子(2007年博士(文学)取得) 出版社:偕成社 
発 行:2017年11月 価 格:1,500円(税別)  ※


(左)『ホースマン —八ヶ岳南麓から世界へ—』
日本馬術連盟理事を務めた石黒建吉さんが、立教大学馬術部やオリンピックなど国際大会の思い出を馬への愛情たっぷりにつづります。
著 者:石黒建吉(1970年文学部卒業) 出版社:山梨日日新聞社
発 行:2017年11月 価 格:1,800円(税別)  ※

« book »『あなたが気づかないだけで 神様もゲイも いつもあなたのそばにいる』、『アマゾンが描く2022年の世界─すべての業界を震撼させる 「ベゾスの大戦略」』、『映画を聴きましょう』

(左)『あなたが気づかないだけで 神様もゲイも いつもあなたのそばにいる』
著 者:平良愛香(兼任講師) 出版社:学研プラス 
発 行:2017年12月 価 格:1,300円(税別)  ※

(中)『アマゾンが描く2022年の世界─すべての業界を震撼させる 「ベゾスの大戦略」』
著 者:田中道昭(特任教授) 出版社:PHP研究所
発 行:2017年12月 価 格:910円(税別)  ※

(右)『映画を聴きましょう』
著 者:細野晴臣(1971年社会学部卒業) 出版社:キネマ旬報社
発 行:2017年11月 価 格:2,000円(税別)  ※

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

トピックス

2018/09/19

カンボジア立教会

地域立教会を訪ねて