情熱というエンジン

チャプレンのことば

2018/07/02

キリスト教とチャペル

OVERVIEW

チャプレンからのメッセージです。

チャプレン 斎藤 徹

情熱というエンジン

しかしながら、生きる上でもつ何かへの情熱は、想いを形にする確かな力、エンジンとして働いているのだと思います。
キリストの復活を信じきれなかった二人の弟子は、エルサレムから離れていく道すがら、復活したキリストに出会います。しかし、二人の心は遮られていてそれが誰なのか分かりませんでした。後に、自分たちが「その方」と共にいた時、心が燃えていたと気づき、すぐに道を引き返して、復活したキリストに出会ったことを人びとに証しました。離れていく者、遮られている者だった二人は、確かな情熱によって、復活を見つめる者、喜びを告げる者として歩み出していったのです。
情熱というエンジンの鼓動を感じてみてください。きっとそこには確かな推進力が備えられているはずです。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

キリスト教とチャペル

2018/11/28

池袋キャンパスへの移転

チャペルの豆知識