立大馬術部の思いをつないでいく主将-始まりの90年

体育会PLAY UP

2018/04/09

アスリート&スポーツ

OVERVIEW

数々の名誉を手にし、栄光に輝いた2016年度。2017年度、かつての主力たちが巣立った立大馬術部は、大きな転機を迎えていた。創部90年目に描いた軌跡。主将・遠藤は遠くを見つめ、その口を開いた。

振り向いて

先輩の武居杏奈(2017年3月卒業・右)と

 「あの時が一番楽しかった」。思いを巡らすのは2016年秋の学生馬術争覇戦。関東優勝に、全日本5位。黄金世代が成すチーム立大の中に、遠藤りさ(異4)はいた。国内トップクラスの実力を持ちながらも偉ぶることなく、仲間思いの先輩たち。彼らと眺めた表彰台からの景色は、その時3年次生で公式戦初出場だった遠藤の心に美しく刻まれた。

 尊敬する先輩たちの背中を見送った遠藤。主将となった彼女に残されたのは、あまりにも厳しい現実だった。初心者揃いの部員たちに、高齢の馬。試合会場の馬事公苑では2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて改修工事が始まり、慣れない環境での戦いを余儀なくされた。「かなうのならば、あの頃に戻りたい」。こらえきれない素直な思いが、ふと彼女の口をついた。

 それでも果たすべき、主将としての役割。実戦経験の少ない自分が、後輩に伝えられることは何だろう。自身への問いに答えを導いてくれたのは、先輩たちと過ごした日々だった。「サポートしてくれる他の部員にも感謝をすること」「自分よりも馬を優先すること」。技術面で教えられることは少なくとも、先輩が教えてくれたことを、きちんと伝えていくことは、大切な役割の一つだ。創部90年の伝統を受け継ぐ意志を持った〝つなぎ〟の主将、誕生の時であった。

影を追って

 2017年度に入り、5人の新入部員を迎えた。中でも経験者である青木海(済1)、中島佑(コ1)、山本修平(コ1)が台頭してきた。遠藤はそんな彼らに期待を寄せつつ、一つの夢を思い描いた。2016年に優勝した争覇戦で、再び結果を残す──。先輩が教えてくれたあの喜びを、今度は自分が後輩に教えたい。その一心から、彼女はひたすら部をまとめることに専念。「試合に出る時は一人でも、みんなの協力があって結果は残せるものだよ」。時として自己中心的になりがちな下級生たちに、「チーム」であることの重要性を示し続けた。

天性のセンスで成長が期待される青木(経1)

持ち前の落ち着きで障害を越える中島(コ1)

深い愛情を持って馬と接する山本(コ1)

 けれども、現実はそう甘いものではなかった。経験の浅い立大は、焦りもあってか争覇戦で最下位に。そして何より、愛馬の不調によって、遠藤は出場することすらかなわなかった。彼女を襲う無力感と喪失感。しかし、いまはただ前を向く。無邪気に馬術と向き合う後輩たちに、先輩たちの影を見たのだ。彼らがきっと、強い立大を蘇らせてくれるはず。そんな望みを託し、彼女はこの冬、部を後にする。

 主将として部員と向き合い続けた1年。振り向いてもそこにはいなくて、影を追っても届かない、大きすぎる先輩の存在に苦しみ続けた。だが、辛い時や迷った時、力をくれたのもまた、先輩の存在だった。忘れられない思い出を、力に変えるのも強さのうち。弱くも強い主将が〝つないだ〟思いは、これからも受け継がれることだろう。立大馬術部が100年目、110年目を迎えたその時、この90年目の答えが見つかる。そう信じている。

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

アスリート&スポーツ

2018/09/25

体育会の新人全員が参加する「フレッシャーズキャンプ」

「立教スポーツ」編集部 社会学部メディア社会学科3年次 三平 敬太