学生生活を全力で謳歌したことが今の充実した日々につながっています

伊藤忠商事株式会社 中田 えりこさん

2014/01/01

立教卒業生のWork & Life

VOL.14

OVERVIEW

伊藤忠商事株式会社にて合成樹脂のトレーダーをしている、中田えりこさんにお話を伺いました。

様々な「人」の意見や発想に触れ総合商社への就職を決意

現在は、総合商社の合成樹脂貿易課で合成樹脂のトレーダーをしています。私が商社を選んだのは、様々な国や商品に関わることで、海外における情報収集能力やネットワーク力をより一層高められると思ったからです。

そもそものきっかけは、1つの企業を分析するという経営学部の授業でした。同じチームに留学生もいたりとバックグラウンドの異なる人たちと一緒にディスカッションしていく中で、思いがけない意見が次々と出てきて、文化や生活の違いが、これほど発想力に影響するのかと驚かされ、いろいろな視点が交わることの楽しさを知ったのです。

私は、就職というのは、自分の興味の延長線上にあると思っています。ですから、好きなことを見つけるためにも、学生時代は、何事にも全力で向き合ってほしいですね。

チアの練習に明け暮れた4年間 結果は真摯な姿勢についてくる

高校時代からやっていたチアリーディングを大学でも続けたかったのでBEAMSに所属。平日4時間、日曜12時間もの練習を重ね、4年次には全国9位になりました。

大学時代は、授業、ゼミ、サークル、アルバイト、そしてプライベートと、とにかく忙しく、充実した毎日を送っていました。中でもBEAMSというチアリーディングのサークルに夢中で、「チアに捧げた4年間」と言えるほど、平日、休日を問わず練習に明け暮れていました。
団体スポーツであっても個々の能力は重要であるとともに、常に目的意識を持って取り組むことが大切です。サークルだけではなく、様々な組織の中でも、自身がどう存在し、どう貢献するべきか、そのためには何ができるのかということを常に考えることが大事だということです。
社会に出ると努力の差ははっきりと表れるので、日々自分らしさを大切に、目の前にある一つひとつの仕事をしっかり精査しながら丁寧に取り組むよう心がけています。
※所属や業務内容はインタビュー時(2013年)の内容です。

プロフィール

PROFILE

中田 えりこ さん

経営学部 国際経営学科 2010年3月卒業
伊藤忠商事株式会社
エネルギー化学品カンパニー
化学品部門合成樹脂部合成樹脂貿易課

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

VOL.49

2017/06/26

世界の人たちと手を取り合い、つくり上げていく事業