ボランティア活動課外活動のサポート

一貫連携教育清里環境ボランティアキャンプ

立教大学はキリスト教に基づく建学の精神を具体化したものの一つとして、「共に生きる」ことを重視しています。
立教大学ボランティアセンターは「共に生きる」を礎に、学生が他者との関わりや社会的な課題に取り組むことを通して、人間としての成長とよりよき社会の実現を目指す意志の育成を図ります。

概要

授業(ボランティア論)

農業体験プログラム

バリアフリー映画上映会

立教大学とボランティア活動の歩み
ボランティアセンターは2003年に設立されました。センターの誕生以前から、立教大学には長く実り豊かなボランティア活動の歴史と伝統があります。「道を伝えて己を伝えず」と評される創立者ウィリアムズ主教の生き方は、「仕えられるためにではなく仕えるために」生きるキリスト者の模範として立教のボランティア精神の原点を示しています。また、アメリカ聖公会の宣教師であり、本学の教授でもあったポール・ラッシュ博士の清里における自然・農村・青年教育を結びつけた働きはボランティアという言葉がまだ使われる以前に、真のボランティア精神を育成するための働きでありました。

ボランティアの伝統は学生たちの中に脈々と生き続けており、多くの学生キリスト教団体、セツルメント、各種こども会、ボランティアグループが活発な活動を展開する他、レディスクラブなど卒業生による活動も盛んです。立教学院内の小学校、中学校、高等学校の各校もボランティア活動の豊かな伝統に立ち、さまざまな分野で活動を続けてきました。ボランティアセンターでは、このような歴史と今の活動を結びつけながら、学院全体としてのボランティア活動を展開してゆくお手伝いができればと望んでいます。
活動内容
  1. 学生個々の支援(相談業務、ボランティア・カフェの開催、個の支援)
    一人ひとりの学生に寄り添い、ボランティア活動の理解を促進します。社会のニーズと学生のニーズをきめ細かくマッチングし、多種多様な情報の中から適切な情報提供とアドバイスを行います。
  2. 多様なニーズに対応した体験機会の提供(被災地支援、国際ボランティア)
    急変する社会のニーズやグローバル化する世の中の動きに素早くかつ柔軟に対応し、さまざまな体験の機会を提供します。
  3. 独自のプログラムや学びの場の提供(キャンプ・授業)
    学生が現場に足を運び、自分の目で確かめ、体験しながら学び取っていく、主体的な学びができるボランティアセンター独自のプログラムを実施します。また授業の実施などを通じて、社会の現場を知る機会を提供します。
  4. ボランティアサークルの支援(ボランティアサミット、ボランティアオリエンテーション)
    立教大学でボランティア活動を行う学生サークルをつなげ、支援します。
  5. 立教大学他部局との協働(学内の協力連携)
    学内のさまざまな学生支援部局や立教サービスラーニングセンター(RSL)との協働・連携を推進し、多角的に学生をサポートします。
  6. 地域連携
    立教大学周辺の地域(池袋・新座)の課題に向き合い、共に連携します。
立教大学ボランティアガイド
I.立教大学ボランティアセンターはこのように考えます
  1. Volunteer Guide
  2. 「共に生きる」
  3. ボランティアって何だろう/ボランティアセンターのミッションステートメント

​​Ⅱ. ボランティアセンターの活動(ボランティアを知る)
  1. ボランティアセンターの日常的な営み
  2. 学生や地域と連携した活動
  3. 立教大学ボランティアセンターならではの活動
  4. 新たな状況へのチャレンジ

Ⅲ. ボランティアハンドブック(ボランティアを実践してみよう)​​
  1. ボランティアを探してみよう STEP 1
  2. ボランティアを探してみよう STEP 2 STEP 3
  3. ボランティアセンター年間スケジュール/ボランティア記録​​


ボランティア募集・行事案内を希望される団体の皆様へ

立教大学ボランティアセンターでは、皆様のボランティア募集・行事案内の情報を受け付けています。団体の皆様とボランティアをしたい学生の思いのミスマッチを防ぐため、以下の手続をお願いしています。どうぞご協力ください。
ボランティア募集手続の流れ
  1. 「情報受付にあたってのお願い」をお読みになり、内容への理解・同意をお願いします。
  2. 「団体情報シート」に貴団体の概要についてご記入ください。
  3. 「ボランティア情報シート」(※1)に募集内容についてご記入ください。
  4. 「団体情報シート」「ボランティア情報シート」をメール添付(※2)にてお送りください。
    記入内容の確認後、情報提供の可否について、ご連絡させていただきます。
  5. 団体の活動内容が分かる資料やボランティア募集のちらしがありましたら、本ページ最下部の郵送先までお送りください(※3)。当センターは池袋・新座両キャンパスにありますので、2部いただけると幸いです。なお、掲示スペースの都合上、ちらし及びポスターはA4サイズまでの大きさでお願いします。


※1 ご記入の際は、「ボランティア情報シート 記入例」をご参考ください。
※2 メールアドレスおよび郵送先は、本ページ最下部に掲載してあります。
※3 団体情報の登録は、年度ごとに更新が必要です。
※4 ボランティア情報は、プログラムごとにお願いします。 ただし、定期開催されているプログラムに関しては、年度初めに1枚にまとめて記入し提供いただくことも可能です。

くわしくは、電話もしくはメールにてご相談ください。
行事案内手続の流れ
  1. 「情報受付にあたってのお願い」をお読みになり、内容への理解・同意をお願いします。
  2. 「団体情報シート」に貴団体の概要をご記入の上、メール添付にてお送りください。
  3. 行事のちらし及びポスターを下記郵送先までお送りください。
    なお、掲示スペースの都合上、A4サイズまでの大きさでお願いします。

手続き書類のダウンロード
センターよりお願い
  • 学生が貴団体のボランティア募集に関心を寄せた場合、学生本人から問い合わせ・連絡をするよう伝えていますので、ご対応いただきますようよろしくお願いします。
  • 当センターでは、個人ボランティアおよび有償ボランティアについての情報提供は行なっていませんので、情報受付をお断りさせていただいています。ご理解ください。
  • 手続きについてご不明な点がありましたら、お問い合わせください。
夏季ボランティア活動中のハラスメント防止対策について(2017.07.11)

関連情報

ボランティア系サークル一覧

環境系サークル

環境問題に関わるボランティアサークルです。

RSCC(海岸清掃サークル)<池袋>
・エコキャップ団<新座>

子ども・教育系サークル

地域を中心に子どもと遊んだり、教育支援を行うサークルです。

日曜学校さゆり会<池袋>
堀の内セツルメント(立教大学子ども会)<池袋>
・RESC(立教教育研究会)<池袋>
・子どもクラブ Bambino<新座>

しょうがい・福祉系サークル

国際関係のサークル

海外での文化交流や国内で途上国の支援をするサークルです。

立教FTP(フェアトレードパートナー)<池袋>
PRC(Philippines Relationship Circle)<池袋>
アジア寺子屋<新座>

震災復興支援系サークル

2011年3月11日に発生した東日本大震災を中心に、災害復興支援を行うサークルです。

Frontiers<池袋>
東日本大震災復興支援プロジェクト学生支援局 Three-S<新座>

総合ボランティア系サークル

多種多様なボランティアに取り組むサークルです。

立教大学B.S.A. 第8支部<池袋>
立教大学G.F.S.<池袋>
・立教YMCA<池袋>
・献血運動の会<新座/池袋>
SEMBRAR<新座>

お問い合わせ

立教大学ボランティアセンター(立教大学総長室社会連携教育課内)