大学教育開発・支援センター
Master of Writing

Master of Writing(冊子、リーフレット)

Master of Writingでは、全学部に共通する基本的なレポートの書き方を中心としたライティングのポイントについてまとめています。レポートの書き方や特徴は、学部や専門領域によって異なります。詳細なルールは、課題が出題された授業の担当教員に確認し、指示にしたがうようにしてください。コンテンツは下記リンクからダウンロードできる他、以下の場所で配布しています。

【池袋キャンパス】図書館1階ラーニング・スクウェア
※ 図書館の入館には、学生証・勤務員証・図書館利用証のいずれかが必要です。

【新座キャンパス】1号館1階(情報ラウンジ)、7号館1階(事務部教務課)、図書館2階しおり(ラーニング・コモンズ)
※ 図書館の入館には、学生証・勤務員証・図書館利用証のいずれかが必要です。

<冊子版>
表紙・目次つきの全コンテンツ

表紙・目次つきの全コンテンツ(ファイルサイズの小さいもの)

<内容>
レポートを書くあなたへ
1.レポートの基礎
2.レポートの構成
3.レポート資料の探し方(図書編/雑誌・新聞編)
4.レポートを組み立てる(論証の構造/アウトライン)
5.レポートを論理的に書く(パラグラフ/接続詞)
6.引用・参考と出典の示し方
7.文献表の書き方
8.レポートの文章表現(文末編/悪文編)
9.レジュメの作り方
10.メールのマナー
レポートを提出する前のチェックポイント

<本学教職員の方へ>
本学の授業等で配布される場合は、必要部数をお届けいたします。大学教育開発・支援センター(cdshe@rikkyo.ac.jp、03-3985-2250)まで、以下の事項をお知らせください。部数によってはお届けまでに数日を要しますので、ご了承ください。
  1)送付を希望する種類(冊子版または1枚ずつのリーフレット)
   ※リーフレットの場合は、ご希望のタイトルもあわせてお知らせください
  2)部数、3)配布する授業科目名(配布対象者の年次)、4)送付先、5)送付希望日、6)ご連絡先

<学外の方へ>
上記コンテンツの著作権は、立教大学に帰属します。授業等で使用される場合は、その点をご了解下さい。また、使用に際しては、事前に以下の事項を大学教育開発・支援センター(cdshe@rikkyo.ac.jp)まで、メールでご連絡ください。
  1)所属・氏名・連絡先、2)利用を希望するコンテンツ、3)利用目的(授業科目名・対象者など)、4)利用予定日
利用実績の記録のため、使用を希望される度ごとにご連絡をお願いいたします。

<Master of Writingを利用された方へ>
ご利用後の感想やご意見、ご要望などをお寄せください。
  立教大学 大学教育開発・支援センター cdshe@rikkyo.ac.jp

理念

大学の取り組み

大学教育開発・支援センター

学生による授業評価アンケート所見票入力システム

ページの先頭へ戻る

立教学院デザインガイド
池袋キャンパス(広報室)
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL:03-3985-2202
新座キャンパス(新座キャンパス事務部)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
Copyright © Rikkyo University. All Rights Reserved.