チャペルと礼拝チャペル

歴史と伝統ある立教は「建学の精神」によって支えられており、これを直接的に実践しているのがチャペルの活動です。 チャペルでは様々な礼拝が行われるほか、隣接するチャペル会館では「聖書に学ぶ会」も随時行われており、様々な相談や質問に応じるためにチャプレンが常駐しています。

チャペル・礼拝

チャペルとは、学校や病院などの施設に付属する礼拝堂のことです。立教学院には3つのチャペルがあり、池袋(諸聖徒礼拝堂)、新座(聖パウロ礼拝堂)、小学校(諸天使礼拝堂)におかれています。これらは立教学院に連なるすべての人たちのためにあり、日々の礼拝や授業が行われているほか、コンサートなども催されます。池袋・新座キャンパスにあるチャペルについてご紹介します。礼拝はどなたでもご参加・ご見学いただけますので、お気軽にお越しください。

立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス)

モリス館(本館)や図書館本館と同時期に建てられ、1918年に竣工しました。 建築当初は礼拝堂そのものだけで、西側の控え室、回廊、入口上部のバルコニー(聖歌隊席)はその後増築され現在に至ります。1996年にはレンガや屋根などの修復工事が行われ、98~99年にかけての免震工事を経て、関東大震災クラスの地震にまで耐えられるようになりました。1999年に東京都歴史的建造物に選定されています。

立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパス)

新座中学校・高等学校と大学のちょうど中間にあり、正門から続くシンボルゾーンの顔ともいえる存在です。建築家アントニン・レーモンド氏により設計され1963年に完成しました。チャペルの左側にはチャペル会館へとつながる回廊があり、上空から見るとチャペルと回廊は五角形になっていて、立教の「立」を表しています。回廊に囲まれた芝生にそびえるベルタワーは高さ31メートル。大中小の鐘が礼拝の時間を知らせます。
チャペル閉館時刻のご案内

池袋チャペル閉館時刻

月~金/17:00  土/12:30
※大学の春・夏・秋・冬季休業中は、閉館時刻が繰り上がる、または、閉館等になる場合がありますのでご注意ください(詳しくはお問い合わせください)。※祝日(大学の授業日を除く)、大学入学試験期間(2月上中旬)は、閉館となります。

新座チャペル閉館時刻

月~金/17:00  土/13:00
※大学の春・夏・秋・冬季休業中は、閉館時刻が繰り上がる、または、閉館等になる場合がありますのでご注意ください(詳しくはお問い合わせください)。
※祝日(大学の授業日を除く)、大学・新座中学校・新座高等学校の入学試験期間(1月末~2月上中旬)は、閉館となります。
礼拝案内

立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋チャペル)

【早朝聖餐式】原則として毎日7:00~(大学一斉休暇中をのぞく)
聖餐式は、教会がその誕生以来大切に守ってきた礼拝で「ミサ」と呼ばれることもあります。

【始業の祈り】月~土曜日 8:30~8:50(学期中)
池袋チャペルで学期中の毎朝行われます。
一日の始まりの祈りです。月、火、水、土曜日は、チャプレン(大学付牧師)による聖書に基づくメッセージを聞き、木曜日の「学生・教職員は語る」では、諸先輩や教職員がキャンパス・ライフを振り返って、お話しくださいます。金曜日は「歌による始業の祈り」、聖歌隊による美しい歌声がチャペルに響きます。

【金曜礼拝】毎週金曜日17:30~18:30(学期中)
学期中の毎週金曜17時30分から。チャプレンのメッセージと、聖歌隊やハンドベルクワイアが奏でる歌・音楽による「夕の祈り」。これは「コーラル・イーブンソング」と呼ばれる、英国教会(聖公会)の伝統的な礼拝スタイルです。
また、毎月第4金曜日は、チャプレンがさまざまな祈りのときを提供する「企画礼拝」を行います。

【主日礼拝(日曜礼拝)】毎週日曜日
午前 7時:聖餐式
午前 9時:こども礼拝(日曜学校さゆり会)
午前 10時:聖餐式

立教学院聖パウロ礼拝堂(新座チャペル)

【早朝礼拝(聖餐式)】毎週木曜日 7:10~ (夏・冬季休業中を除く。詳細はお問い合わせください)

【礼拝(聖餐式)】毎週日曜日 11:00~ (夏・冬季休業中を除く。詳細はお問い合わせください)

【月曜夕の祈り】毎週月曜日 16:45~17:30(学期中)
一日の終わり、家路につく前に、チャペルで静かなひとときを過ごしましょう。チャプレンの話、学院オルガニストによるパイプオルガンの演奏を聴き、共に祈り、聖歌を歌います。礼拝のあとにはお茶のひとときもお楽しみください。

【チャペルアワー】毎週火・木曜日 12:40~13:00(学期中)
火・木曜日に行われる昼休みの祈りのひとときです。チャプレンによる聖書に基づくメッセージを聞き、祈り、聖歌を歌います。チャペルに広がるオルガンの響きもお聴きください。
はじめて礼拝に来られた方へ

Welcome to Chapel!!

立教のチャペルでは、1年を通してさまざまな礼拝が行われています。それらの礼拝は、信徒であるかないかにかかわらず、学生・教職員・一般の方、どなたでもご参加いただけます。「礼拝を見てみたい」「参加してみたい」という、はじめて教会に来られる方ももちろん大歓迎です。どうぞお気軽にお越しください。

最初に

礼拝はキリスト教の「儀式」であることは事実です。それゆえはじめて来られた方は、何が「起こる」のか、何か「させられるんじゃないか」などと不安だったりするかもしれません。
 でもご安心ください。はじめは立ったり座ったりという所作や、聖歌を一緒に歌うことなどに戸惑うこともあるかも知れませんが、そうしなければならないわけではありません。むしろそうした心配よりも、礼拝の中で分かち合いたいテーマや「祈り」の中身を受けとめていただければと思います。
 ここでは、はじめての方もより安心してご参加いただけるよう、礼拝のおもな流れ、所作などを簡単にご紹介しています。

礼拝のおもな流れ

礼拝には、「式文(礼拝の進行がかかれている小冊子)」「聖歌集」「聖書」などを用います。これらは礼拝ごとに受付で配布いたしますので、お受け取りのうえご着席ください。 礼拝は、式文に記載されている順序で進みます。おもな流れは、おおよそ次のようになります。

・オルガンの前奏
礼拝が始まります。着席して心を落ち着かせましょう。
・聖歌
パイプオルガンの伴奏に合わせて全員で歌います。
・聖書の朗読
その日の礼拝にふさわしい聖書箇所が読まれます。
・説教(奨励)
司式者または奨励者によるお話を聞きます。
・聖歌
パイプオルガンの伴奏に合わせて全員で歌います。
・オルガンの後奏
着席して心を落ち着かせましょう。 祭壇のろうそくの火が消えると、礼拝は終了です。

礼拝中の所作(動作)について

聖歌番号は正面右の掲示板に

礼拝では、「起立」「着席」「ひざまずく」などの所作がところどころに出てきます。式文中に記されているか、司式者(※1)が口頭でご案内することもあります。周りの人とあわせていただければ結構ですが、必ずしも同じでなければならないわけではありません。下記を参考に、安心してご参列ください。

※1 「司式者(ししきしゃ)」…礼拝を行うチャプレン(司祭)のこと。
※2 「会衆(かいしゅう)」…礼拝に参列している皆さんのこと。
※3 「一同(いちどう)」…司式者と会衆のこと。

立つ・座る
式文、または司式者の案内にそって、ご起立・ご着席ください。
読  む
式文中の「会衆(※2)」または「一同(※3)」となっているゴシックの太字部分をお読みください。または楽譜にそって歌います。「アーメン」とは、「わたしも同意します」という意味です。
歌  う
式文またはチャペル正面右の掲示板にある番号の聖歌を歌います。口頭でも「聖歌○○番」と案内がありますので起立し、オルガンの前奏に続いてお歌いください。歌詞や楽譜は、式文または聖歌集(ページ左上が聖歌番号)をご参照ください。
ひざまずく
前席の下にある横長のクッションを引き出し、ひざをつきます。慣れていない方は、座ったままでも構いません。

このほかにも分からないことがありましたら、受付のスタッフまで、どうぞお気軽に声をお掛けください。また、上記の内容をまとめたものをチャペル前に置いてありますので、ご入り用の方はどうぞお持ちください。
Mission Statement
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」
(新約聖書ヨハネによる福音書第3章16節)
わたしたち立教大学チャプレンの使命は、学生、教職員、校友など立教大学に連なるすべての人びとに対し、キリストの愛に基づく正義と和解を伝え、それを分かちあうことであると信じます。

したがってわたしたちチャプレンは、立教大学におけるあらゆる機会を通して、すべての人は何ものにも心を束縛されない自由を謳歌する人生に招かれているという事実を伝え、その希望を証しします。

わたしたちチャプレンは、知識や専門的な訓練だけでは得ることのできない人間本来の品性を養う機会を提供する責任があると考えます。それは、ひとつの国家やイデオロギーに従属し、その結果として、少数者を支配者に服従させる行為に加担してきた過去のあやまちを懺悔する、わたしたち一人ひとりの責任ある応答でもあるからです。

したがってわたしたちは、以下のことを、日常の礼拝と人格的な交わりを通して伝え、自ら証しし、またキャンパスにおけるあらゆる働きの中で展開します。それは、すべての人の人生における「学び」が自己実現のためだけではなく、国境を超えて広く社会に奉仕するためのものであると信じるからです。

  1. すべてのいのちは大切にされなければならないこと
  2. すべての人は、平等に分かち合われるために与えられた数々の恵み、地球上の資源を搾取・乱用しない責任を持っていること
  3. すべての人は、互いの違いを尊重し、それを豊かさとして受けとめあうことにより、共に生き、また活かしあうことが実現すること
  4. 以上の事柄はキリスト教信仰から発する根源的なメッセージであり、希望であること
2017年立教大学チャプレン団

聖公会

米国からC.M.ウィリアムズ主教が派遣されたことにより、立教大学は創設されましたが、このC.Mウィリアムズ主教が「聖公会」というキリスト教の一教派の宣教師であったため、立教大学も「聖公会」の流れを汲み、かつ今日に至るまで密接な関係を持っています。

「聖公会」は、歴史的には16世紀の英国における宗教改革から始まった教会で、ローマ・カトリック教会の伝統と宗教改革の精神(プロテスタント教会の精神)を併せ持つ教会と言われています。そして世界各国の聖公会が相互につながりを持ち、アングリカン・コミュニオンを形成しています。

池袋チャペル(立教学院諸聖徒礼拝堂)は、日本聖公会〔(英)The Anglican Church in Japan、(米)Episcopal Church〕 東京教区にある33教会、9礼拝堂(病院、学校、施設)のうちの一つです。また、新座チャペル(立教学院聖パウロ礼拝堂)は、日本聖公会北関東教区にある22教会、5礼拝堂(講義所を含む)のうちの一つです。

日本聖公会のサイト

Anglican Communionのサイト

お問い合わせ

チャプレン室事務課