物理学科の特色

研究対象は「極小の素粒子から極大の宇宙まで」。つまり、より根本的なもの・壮大なものに焦点を定め、実 験的・理論的側面から新しい研究を展開しています。具体的には、素粒子論・宇宙論といった理論的研究に 加え、理論・観測両面から迫る宇宙物理、物質の基礎を探る原子核物理・原子分子物理の実験的研究、宇 宙と地球の関わりを解明する地球惑星物理などです。物理学科・大学院物理学専攻では、 早い時期からこれらの研究の最先端に触れる機会を学生に与えるために、最新の実験施設や測定・解析装 置・計算機を導入し、学生にとって魅力的で取り組む意欲を育てる、教育・研究環境を実現しています。

より詳細(物理学科HP)はこちら

確実・丁寧にステップアップするカリキュラム

伝統ある少人数教育を活かし、高校教育とのギャップを早期に解消し、きめ細やかな教育が受けられるよ うに配慮されています。一方で大学院進学者の要望に対応するために、物理学科の学生として必要にな る基礎教育は実質3年次までで終了し、学部4年次は博士前期課程(修士課程)0年次と考え、先端的な 研究現場を体験する教育を行っています。また、大学院生と共通で履修できる講究科目を設置し、4年生に も大学院レベルの内容が学べるように配慮されています。これらにより、4年次の卒業研究と修士課程の2 年間で、学会発表や学術論文制作などの成果をあげることができます。

講義・実験・ゼミナール・研究をシステマティックにサポート

物理学科では通常の講義形式の授業に加えて、物理的な感覚を身につけるために実験授業が重視され ています。基本的な物理現象に取り組む基礎物理実験、コンピュータの原理やプログラミングを学ぶコンピ ュータ実験、基礎的測定技術の修得に重点を置いた物理実験などがその例です。一方、演習やゼミナール では、いくつかの小グループに分かれ、教員やティーチングアシスタントの助言を得て問題を解き、物理学の 手法・思考法を理解できるように工夫しています。4年次での卒業研究は、実験あるいは理論の選択必 修です。1~5名程度の学生が一人の教員の指導を受け、年間を通して研究を行い、研究の最前線に触れ る機会を提供しています。

カリキュラム

学科目表

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)