西谷 修(特任教授)

専門および現在の研究テーマ

専門:フランス現代思想の研究をベースに、世界のグローバル化によって引き起こされる複合的な諸問題を、認識論を踏まえた思想史的観点から取り扱う。
現在の研究テーマ:戦争論、世界史論、メディア論、ドグマ人類学、身体・医療思想、芸術論など。

現職及び履歴

東京大学法学部、東京都立大学大学院、パリ第8大学。明治学院大学文学部教授、東京外国語大学大学院地域文化研究科教授、同大学総合国際学研究員(先端研究部門)教授を経て、立教大学文学部文学研究科比較文明学専攻所属特任教授。

主著書、論文等

  • 『戦争論』(講談社学術文庫)
  • 『理性の探究』(岩波書店)
  • 『不死のワンダーランド』(講談社学術文庫)
  • 『離脱と移動──バタイユ・ブランショ・デュラス』(せりか書房)
  • 『破局のプリズム』(ぷねうま舎)
  • 『沖縄/暴力論』(未來社、共著)

ページの先頭へ