学位について

修士の学位は、博士前期課程に2年以上在学して授業を受け、所定の単位を修得し、かつ修士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格した者に対して授与されます。

比較文明学専攻博士課程前期課程が授与する学位は「修士(比較文明学)」とし、英文の表記は、Master of Arts in Comparative Civilizations となります。

なお、比較文明学専攻博士課程後期課程が授与する学位は「博士(比較文明学)」とし、英文の表記は、Doctor of Philosophy in Comparative Civilizations となります。


ページの先頭へ