学生の方へ

インターンシップ

    2018年度 通年 水曜2限目
  • 担当教員:三谷 進・菊池 航
  • インターンシップ受け入れ企業(2017年度): 株式会社企業変革創造,公益財団法人キープ協会 清泉寮,Casval Account(会計事務所),株式会社スキャンインター,株式会社フジタ,オリエンタル酵母工業株式会社,カリモク家具株式会社,株式会社三栄コーポレーション,新日本ビルサービス株式会社

1年間を通して仕事や働き方について考え,インターンシップとして実習も行う授業です。夏期休暇に行われるインターンシップ、ゲストスピーカーを招待した講習会などを通じて、社会で働くことの本質に迫り、自己の働き方について様々な角度から深く追求することを目指します。また、ディスカッションやプレゼン、履歴書作成から、問題に対して自ら解決する力、意見を論理的に発する・書く力などを養います。

授業の目的

就業体験を通じて企業活動の現場を体感し、大学での「学び」の意義を再確認するとともに、自分自身のこれからのキャリアや生き方について具体的に考えていくことができるようにしていきます。

授業の内容

春学期はインターンシップに参加する前提として、インターンシップの目的、参加の心構え、ビジネスマナー講習などを中心に、事前準備学習を行います。インターンシップは原則として夏季休業中(8月中旬~9月上旬)に2週間(10日間)の予定で行いますので、受講希望者は夏季休業中の予定を調整できるようにしておいて下さい。秋学期では、インターンシップを通じて得た知見や経験を受講者全員で共有化することを目的に体験報告を行い、それぞれが就業体験を通じて得たものを定着させていきます。また、授業の最後には体験報告をレポートにまとめ、インターンシップ報告書を作成します。なお、インターンシップの派遣先は、立教経済人クラブ等の協力の下、本学が独自に確保する企業への派遣が中心となります。

授業計画

1.  インターンシップの目的と意義
2.  自己紹介と自己アピール
3.  輪読・ディスカッション(1)
4.  輪読・ディスカッション(2)
5.  社会人(OB・OG)に聞く仕事の実際
6.  インターンシップの心構え
7.  ビジネスマナー講習(1)
8.  ビジネスマナー講習(2)
9.  ビジネスマナー講習(3)
10. キャリアセンター職員に聞く「就活」の実際
11. 昨年度受講生に聞くインターンシップ体験
12. インターンシップ派遣企業の紹介
13. マッチング(1)
14. マッチング(2)
15. インターンシップの体験報告(1)
16. インターンシップの体験報告(2)
17. インターンシップの体験報告(3)
18. インターンシップの体験報告(4)
19. インターンシップの体験報告(5)
20. インターンシップの体験報告(6)
21. インターンシップ体験を基礎にしたディスカッション(1)
22. 外部企業講師による講話(1)
23. インターンシップ体験を基礎にしたディスカッション(2)
24. 外部企業講師による講話(2)
25. インターンシップ報告書の作成(1)
26. インターンシップ報告書の作成(2)
27. インターンシップ報告書の作成(3)
28. インターンシップ報告書の作成(4)

授業時間外(予習・復習等)の学習

本講の受講希望者は、4月2日(月)12時30分~13時の授業ガイダンス(場所:14号館3階 D 302教室)に参加して、これまでの授業内容や受講生の様子を資料等で確認してもらいたいと思います。また、この授業の特性から本科目はレポートによる受講者の選抜を行います。レポートの課題は「インターンシップを受講する意図と将来の希望」について、1200字程度でまとめたものを、4月2日(月)~4日(水)17時の申込期間に、教務事務センターのレポートボックスに提出して下さい。履修許可者の発表は4月7日(土)に行い、4月11日(水)から授業を行います。

成績評価

平常点 100%
出席、受講態度、報告発表、報告書作成、その他を授業の目的に照らして総合的に評価します。

テキスト

特に指定はありませんが、授業時のディスカッションの素材として、書籍の購入を求めることがあります。

参考文献

なし

2017年度インターンシップの様子

実習報告の概要(クリックで本文を開きます)

インターンシップ実習を終えた後、授業内で報告を行った際の雰囲気をお伝えします。
1.株式会社企業変革創造
・実習生:鷹取諒(経済学科2年)
・実習先:株式会社 企業変革創造
・実習生のコメント:
2年生でインターンシップに参加するというと意識が高いと感じる人が多いと思います。ですが、2年生の時にインターンシップに行くことで自分はどのような働き方をしたいかなどを考えることができました。実際に、企業変革創造では、事務作業をメインに行い、マーケティングなどにも着手しました。ベンチャー企業であったため2年生の私ですが、即戦力として働くことができました。そこでは、今まで培ってきた様々なスキルをどのように活かすことができるか、自分に足りないものは何かを2週間で感じ取ることができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
・実習生:三田匡能(経済政策学科3年)
・実習先:株式会社 企業変革創造
・実習生のコメント:
人材評価・人材育成事業やコンサルティング事業を行っている企業変革創造様にてインターンシップを行いました。インターンシップでは、主に営業補助業務およびマーケティング施策の立案業務を行いました。業務を経験することで生産性を意識することとチームで働くことの重要さを感じ、また自分の強みや弱みの発見にもつなげることができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
2.公益財団法人キープ協会 清泉寮
・実習生:佐藤寿香(経済学科3年)
・実習先:公益財団法人キープ協会 清泉寮
・実習生のコメント:
公益財団法人キープ協会が所有する宿泊施設の「清泉寮」で、実際に従業員としてフロント業務やレストラン業務、清掃業務を体感しました。また、役員や社員さんと直接お話する機会も多かったです。観光業の業務にふれ、経営の仕組みを学ぶとともに社員さん一人一人に理念が浸透している企業にて貴重な経験を積むことができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
・実習生:滝沢亜耶乃(経済政策学科3年)
・実習先:公益財団法人キープ協会 清泉寮
・実習生のコメント:
山梨県の清里を拠点として、宿泊施設や環境教育等の事業を展開するキープ協会様にてインターンシップを行いました。主に、ホテル事業である「清泉寮」でのお仕事全般の実務に触れたり、実際に顧客目線でサービスを体感したりしました。豊かな自然の中で働くことの面白さや、公益財団法人ならではの企業経営の仕組みについて学ぶことができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
3.Casval Account (会計事務所)
・実習生:荒木薫(会計ファイナンス学科2年)
・実習先:Casval Account(会計事務所)
・実習生のコメント:
この授業では、夏休みに2週間ほどインターンシップを行うだけでなく、1年間を通して「働くこととは何か」について深め合い、外部講師をお招きして講演を開き、社会で働く方々の生のお話を聞くことができます。履修し始めた際は、まだ自分自身には早かったのではと感じていましたが、1年を振り返ると大変有意義な時間過ごせたと実感しています。残り2年間の大学生活の過ごし方、将来どのように働きたいのか、自分の中での軸作りしっかりとできました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
4.株式会社スキャンインター
・実習生:川口真穂(経済政策学科3年)
・実習先:株式会社スキャンインター
・実習生のコメント:
今回インターンシップへ行き、「仕事」の現場を目の当たりにし、その面白さと厳しさを痛感しました。そして社会の中で「働く」ということの実感が湧き、就職活動をする上での大きな指針になりました。その中で2つのことを学びました。1つ目は世の中では見えないところで行われている仕事の方が多いということです。展示会で多くの営業マンが名刺を交換し、商談をする姿を見て、見えないところでの地道な努力の積み重ねが社会を支えているのだと感じました。今はやりたいことが先行していますが、実際はやらなければならないことをしなければいけないし、実現させたいことのために「並々ならぬ下準備」をしなければいけないという現実に気が付かされました。2つ目は、営業の魅力です。今まで営業にはマイナスのイメージがありましたが、実際に自分自身もお客様相手に営業をするという経験をさせて頂き、微力ながらお客様が商品に興味を持って下さることに喜びを感じました。実際はそれだけでは済まず、販売につなげなくては商売にならないが、自分が商品の魅力を最大限に相手に伝えるという行為に魅力を知る機会になりました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
5.株式会社フジタ
・実習生:大塚理香子(経済学科3年)
・実習先:株式会社 フジタ
・実習生のコメント: 
フジタとは、建設会社です。しかし、建設だけではなくディベロッパーであったり町作りをしたりといった多岐にわたる事業を行っています。私が行ったインターンは事務系のインターンであり、内勤の仕事、または営業部の方からお話を伺う機会が多かったです。1日ごと、もしくは半日ごとに部署を回り、多くの社員の方と関わりながら、座学・業務の手伝い・現場見学・プレゼンといった様々なこと体験しました。建設会社のことだけではなく、管理系のお仕事があって会社が成り立っているという、会社のあり方を学ぶことができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
6.オリエンタル酵母工業株式会社
・実習生:北出梓(経済学科3年)
・実習先:オリエンタル酵母工業株式会社
・実習生のコメント:
主に酵母の製造を行う食品事業や酵母の研究から発展したバイオ事業を行っているオリエンタル酵母工業株式会社にてインターンシップを行いました。インターンシップでは、主に自社製品の試験、営業企画室での資料作り、営業同行など様々な貴重な体験をさせていただきました。様々な人と触れ合い、社会に出るとコミュニケーション能力は更に重要になってくるのだなと感じました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
7.カリモク家具株式会社
・実習生:笹森祐輝(経済学科3年)
・実習先:カリモク家具株式会社
・実習生のコメント:
国内家具メーカーのカリモク家具株式会社にてインターンシップを行いました。8日間それぞれ違う方の営業に同行させてもらう中で自分に合った働き方、チーム内での競争意識と協調性の重要性を学びました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
8.株式会社三栄コーポレーション
・実習生:常喜智子(経済学科3年)
・実習先:株式会社 三栄コーポレーション
・実習生のコメント:
生活関連用品を取り扱う専門商社の三栄コーポレーションにて2週間のインターンシップを行いました。1週目は管理部門、2週目は家電事業部で実務を行い、多くの社員の方と交流することができました。グローバルビジネスを行う社員の方と共に仕事をすることで、英語はツールであり、大切なことは相手国の人や文化を理解することであることを学びました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):
9.新日本ビルサービス株式会社
・実習生:小屋優花(経済学科3年)
・実習先:新日本ビルサービス株式会社
・実習生のコメント:
私は不動産業界の中でプロパティマネジメントを行っている企業で2週間インターンシップを行いました。仕事内容、社員の方々と触れ合える体験ができたことで、自分のやりたい仕事について具体的なイメージを持てるようになり、また企業の雰囲気というものがいかに大切かということについて学ぶことができました。そしてプロパティマネジメントという仕事について、やりがいや大変さを実感することができました。

・授業内で実習報告に使用したスライド等(抜粋):

インターンシップ報告書

インターンシップの実習報告の詳細や、ゲスト講師の講義に対する感想など、一年間の授業の内容をわかりやすくまとめたものになっています。この報告書は、この授業に参加した学生が協力して編集を行いました。

授業のゲスト講師

舩川 治郎 氏(経営・人事コンサルタント)
古澤 彬 氏(WARM HEART LLC.代表、経済学部'08卒)
森田 京平 氏(クレディ・アグリコル証券チーフエコノミスト マネージングディレクター)
市川 珠美 氏(立教大学キャリアセンター課長)
古瀬 憲弘 氏(立教大学キャリアセンター職員)
米山 恵子 氏(立教大学キャリアセンター職員)
一覧へ戻る

学生の方へ

page top