学生の方へ

課題解決演習C(旧企画講座I)

  • 2017年度 春学期 木曜2限目
  • 担当教員:須永 徳武
  • 協力企業:株式会社ワークスアプリケーションズ,株式会社栄光

仕事を体感する課題解決型授業。協力企業から提示される課題に取り組みながら、専門科目として学ぶ経済と実社会で起きている問題を結びつけて理解するとともに、職業理解を深めながら、社会で求められる「協働して成果を出す力=チームで課題解決する力」を高めることを目指します。

授業の目的

協力企業から提示される課題に取り組みながら、実社会で起きている問題を、専門科目として学ぶ経済学と結びつけて考えられるようになることを目標とする。

授業の内容

本科目は、業界の異なる2社に協力いただき、これからの社会に必要とされる価値について考える授業である。前半では、与えられたテーマに対し、自ら問いを立てて学び・考えたことをもとに、チーム対抗のディベートを行う。後半では、協力企業から提示された課題に取り組み、検討した結果を企業の方へ提案する。少人数のチーム単位で課題に取り組むことが各回の授業の主となるため、メンバー同士が互いに密にコミュニケーションを取りながらチームを運営することが求められる。

授業計画

1.ガイダンス,チームビルディング
2.【協力企業A】からの課題提示
3.講義・ディベート テーマ①(前半)
4.講義・ディベート テーマ①(後半)
5.講義・ディベート テーマ②(前半)
6.講義・ディベート テーマ②(後半)
7.協力企業Aによる最終講義・ディスカッション
8.【協力企業B】からの課題提示
9.グループワーク
10.中間発表
11.グループワーク
12.グループワーク 
13.協力企業Bへの最終発表
14.振り返り,全体総括 

授業時間外の学習

協力企業の提示課題に関し、個人・チームとして事前準備が必須となる。授業時間外での主体的・積極的な学習・作業は不可欠である。

成績評価方法・基準

※8割以上出席しない場合はD評価。原則全回出席を義務付ける。遅刻2回で欠席1回分と見なすため、注意すること。

出席および授業への貢献度(70%)/レポート(30%)

テキスト

授業内で必要に応じて指示する。

参考文献

授業内で必要に応じて指示する。

その他

  • 履修定員30名(他学部履修を可とするが、定員を超える場合は基本的に経済学部生を優先する。)
  • 2、3年生を主たる履修対象とする。
  • 協力企業(予定):株式会社ワークスアプリケーションズ(前半)、株式会社栄光(後半)
  • 本科目は、2015年度までの「企画講座I」に該当する。すでに同科目を履修済みのものは履修できないので注意すること。
一覧へ戻る

学生の方へ

page top