学生の方へ

課題解決演習C(旧企画講座I)

  • 2018年度 春学期 火曜2限
  • 担当教員:三谷 進
  • 協力企業:株式会社栄光, READYFOR株式会社

協働して成果を出す力を高める課題解決型学習(Project-Based Learning)

授業の目的

協力企業から提示された課題に取り組みながら、実社会で起きている問題を、専門科目として学んでいる経済学等の学問領域と結びつけて考えられるようにしていくことを目標とします。

授業の内容

本科目は、業界の異なる企業2社と連携をしながら、これからの社会に必要とされる様々な課題について考える授業です。それぞれの企業から与えられたテーマに対し、チームに分かれて内容の検討とディベートを行った上で、その課題について検討した結果をパワーポイント等を使いながらプレゼンテーションを行っていきます。少人数のチーム単位で課題に取り組むことが各回の授業の中心になるため、チームメンバーが互いにコミュニケーションを密にしてチーム運営を進めることが求められます。

授業計画

1. 授業のガイダンス
2. 企業A(株式会社栄光)からの課題提示
3. 企業Aによる講義、ディベート、グループワーク①
4. 企業Aによる講義、ディベート、グループワーク②
5. 企業Aによる講義、ディベート、グループワーク③
6. 企業Aによる講義、ディベート、グループワーク④
7. 企業Aによる最終講義・ディスカッション・グループ発表
8. 企業B(READYFOR株式会社)からの課題提示
9. 企業Bによる講義、ディベート、グループワーク①
10. 企業Bによる講義、ディベート、グループワーク②
11. 企業Bによる講義、ディベート、グループワーク③
12. 企業Bによる講義、ディベート、グループワーク④
13. 企業Bによる最終講義・ディスカッション・グループ発表
14. 全体のまとめ

授業時間外(予習・復習等)の学習

授業内で必要に応じて指示します。

成績評価方法・基準

平常点100 % 出席および授業への貢献度(70%) 、レポート(30%)

テキスト

授業内で必要に応じて指示します。

参考文献

授業内で必要に応じて指示します。

その他(HP等)

  • 履修定員:20名(他学部履修を可としますが、定員を超える場合は基本的に経済学部の学生が優先されます。)
  • 2・3年生を主な履修対象者としますが、4年生でも希望者は受け入れます。
  • 今年度の企業は、前半は「株式会社栄光」、後半は「READYFOR株式会社」となります。前者の栄光グループは、学習塾(栄光ゼミナール)や語学教室等の『教育事業』や、教育機関へのトータルサポートを行う『教育ソリューション事業』、さらに印刷業、緑化・清掃事業、不動産業からなる『その他の事業』を行っています。後者のREADYFOR株式会社は、日本最大規模のクラウドファンディング会社として、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」という理念を掲げ、様々な理由でお金を必要としている人に対し、 共感した人がインターネットを通じて資金を出して支援をするという新しい金融の仕組みを運営している会社であり、2016年には日本サービス大賞優秀賞を受賞しています。
  • 経済学部キャリア教育サイト「STORY」(http://www.rikkyo.ac.jp/eco/career/story/)の情報発信に目を配るようにして下さい。

※本科目は提出されたレポートに基づき履修者を決定します。履修希望者は、3月27日(火)から4月4日(水)17時までにレポートを教務事務センターに提出して下さい。レポートのテーマは、「この授業の履修を希望する志望理由と、授業を通じてどのような知識や能力を身につけたいと考えているかについて、1000字程度で論述すること」(A4サイズ1枚にまとめ、教務事務センター窓口にあるレポートの表紙をつけ、ホチキス止めをして提出すること)です。選考結果については、4月7日(土)に経済学部掲示板で行います。なお、履修を許可された学生の登録は大学が行いますので、履修登録状況画面(Web)にて確認して下さい。また、上記の内容について変更等がある場合は、経済学部掲示板で掲示しますので、履修希望者は確認するようにして下さい。

※本科目は2015年までの「企画講座Ⅰ」に該当します。すでに「企画講座Ⅰ」を履修済みの者は履修できないので注意して下さい。

一覧へ戻る

学生の方へ

page top