ハンバーガーメニュー

ニュース

日本文化体験プログラムを実施(マラヤ大学受入)

14/08/07


学部間協定校マレーシア・マラヤ大学からの日本文化体験プログラム受け入れを二年ぶりに行いました。

6月26日~7月9日までの二週間、マラヤ大学から12名のマレー人、華人の学生が、日本学生支援機構(JASSO)の支援のもと来日しました。今回はほぼラマダン期間と重なり、日中の飲食ができず心配しましたが、新座キャンパス内の太刀川記念交流会館に宿泊し、日本語研修や合同ゼミに加え、観光学部生企画の川越インバウンドツアー、東京ジャーミーモスクでのブカプアサ(イフタール:ラマダン時の夕食)体験や、ちょうど断食月開始日に観光学部生宅へホームステイをするなど、充実した毎日を過ごしました。ホームステイはもちろん、各プログラムには観光学部の学生がバディとして参加し、共に学びました。

9月には観光学部のバディ学生の一部が「言語と文化現地研修」としてマラヤ大学を訪れ、学生寮で暮らしながらマレー語や文化を学ぶ予定で、さらなる交流が期待されます。


ページの先頭へ