ハンバーガーメニュー

ニュース

大学院教育改革支援プログラム「『ツーリズム・イノベーター』の戦略的育成」では、フィールドワーク実習を実施しております。

10/04/08

大学院教育改革支援プログラム「『ツーリズム・イノベーター』の戦略的育成」では、2007年度から2009年度まで、3年に渡って教員と学生とともに、フィールドワーク実習を行ってきました。2009年度にはその内容をさらに充実し、フィールドワーク実習を行いました。観光現象を研究対象にする観光学では、フィールドワークの重要度が高まっています。大学院GPでは、学生が自分の研究活動の中で、フィールドワークを行うことを想定し、その時、重要なポイントである風景の見方、地図の活用方、及びヒアリング、アンケートのやり方などを中心に実習を行ってきました。それは実際に学生自らが調査のやり方を身に着くように工夫し、フィールドワーク実習で実践するようにしました。また外部の講師、いわゆる現地の事情に詳しい現地の関係専門家が講義を行うことで、現地での問題意識とその解決策を探そうとしました。これらの方法はフィールドワーク実習のより良い成果を導き出すためでありました。(プログラム・コーディネータ張景泰)

ページの先頭へ