化学科の特色

立教大学の化学科では「なぜ?」を大切にしています。なぜこの反応が起きるのか? なぜその物質は特別 な機能を持っているのか? これらの疑問には必ず化学的原因があります。単に実験結果をまとめるだけで はなく、原子や分子の立場から化学的原因を解明して「なぜ?」に答える。ここには暗記や詰め込みの化学 はありません。「なぜ?」を感じて自ら考えること、それが立教大学で化学を学ぶ第一歩です。

より詳細(化学科HP)はこちら

確実にステップアップするカリキュラム

化学を学ぶには、物質に直接触れることが大切です。本学では、少人数制という利点を活かして実験科目 を1年次から配置しています。有機、無機、分析、および物理化学の基本的な実験を行いながら、実験器具・ 装置の取り扱い、データの処理方法、安全について学びます。3年次の後半からは、各研究室にて行う専 門実験も用意され、4年次における卒業研究にスムーズに移行できるように配慮されています。さらに最近 の化学の領域の広がりに対応して多彩な選択科目が用意されており、環境問題、材料開発、知的財産権 など化学をとりまく最新の話題を学ぶことができます。

講義・実験・ゼミナール・研究をシステマティックにサポート

物質の性質や変化を体験し、「新しい物質を作り出す楽しみ」「原因を解明する喜び」を味わうことに化学 を学ぶ醍醐味があります。4年次には各研究室に所属して卒業研究を行います。ここでは、指導教員とマン ツーマン体制で自分の希望するテーマを研究し、1年間の成果を報告会で発表します。卒業論文のテーマ はどんなに小さくとも世界で初めての研究であり、指導教員、大学院生の先輩、同級生たちと一体となって 取り組みます。これまでの講義や実験科目で得た知識を総動員して挑み、そして課題を解決したとき、きっと 大きな満足感と喜びを知ることになるでしょう。同時に先生や仲間達とのチームワークの大切さも実感する でしょう。多くの卒業生が「卒業研究で学んだ経験が社会に出て大きな自信となっている。研究室での苦 労と楽しさは一生忘れられない。」と語っています。

カリキュラム

学科目表

Copyright 2007 Rikkyo University. All rights reserved 住所:〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1 電話:03-3985-2202(広報課)