先輩職員インタビュー学生部学生課 野尻 拓

立教学院専任職員採用に応募したきっかけを教えてください。

就職活動では、様々な企業の説明を聞きましたが、その企業で具体的に何をしたいか、どのように働きたいか、全くイメージができませんでした。自己分析などを重ねる中で、学生時代を振り返ると、立教という環境の中で充実した学生生活を過ごせたことで、大きく成長できたことを実感しました。この想いから、学校職員として誰かの成長の一助となり、「立教でよかった」と思える学生を一人でも増やしたいと思い、また、母校である立教のブランド価値を高め、魅力をより発信していくことができる仕事であれば、自分の仕事に誇りを持ち、向上心をもって熱意をぶつけていけると考え、立教学院の専任職員採用試験に応募しました。

現在の担当業務について教えてください。

私の所属する学生部は、学生のあらゆる生活環境を支援するための役割を担っており、その中で私はクラブ・サークル等の課外活動支援に関する業務を担当しています。学生団体のサポートの他にも、学内の他部署の職員と連携しながら仕事を進めるなど、関係する学生や教職員と密にコミュニケーションを図りながら仕事を進める場面が多くあります。 課外活動は学生が自主的に行う活動の一つではありますが、立教では教育的に意義があるものとして捉え、積極的に支援しています。課外活動で使用する施設貸与や活動費の資金援助、プログラムの実施等、学生支援にかかわる業務は多岐に渡りますが、何より窓口での学生対応を通して、学生の社会性や自主性を養う一助となる役割を担っていることに、責任と誇りを感じています。団体の運営に悪戦苦闘しながらも、大きく成長する学生たちの姿を目の当たりにできることも、仕事をしている中で大きな刺激となっています。

これまでの業務で一番嬉しかったこと(やりがいを感じたこと)を教えてください。

一番のやりがいは、立教というフィールドで学生が変化し成長していく過程に立ち会えることです。課外活動を通して、学生たちは、壁にぶつかりながらも夜遅くまで練習に励み、それぞれが苦慮しつつも充実した日々を過ごしています。しかし、学生は、思うように事が進まなくなると、不満をぶつけてきたりすることもありますが、その話にしっかりと耳を傾けることが重要な仕事だと考えています。専任職員採用試験を受けるきっかけでもあった「立教でよかった」と思える学生が一人でも増えるために、常に何ができるかを考える中で、しっかりと学生と向き合うことで、学生たちがその壁を乗り越え、自信に満ちた表情で卒業をしていく姿を見た時に、この仕事に就いてよかったと心から思います。また、学生から感謝の気持ちを伝えてもらった時には、「これからも頑張ろう!」と思うことができ、強い励みになっています。

応募を検討中の方にメッセージをお願いします。

大学職員というと事務職のイメージが強く、業務内容がなかなか想像できないかもしれません。大学は入試準備・実施、卒業式・入学式、新学期に向けた準備等、数多くの業務があるため、新鮮な気持ちで業務にあたることができます。
本学は「教職協働」の精神の下、学生・教員・職員がともに手を取り合って、『これからの立教を創っていく』、非常に魅力的な仕事です。お互いに切磋琢磨しながら、立教学院の発展に向けて、協働できる方をお待ちしております!

代表的な1日のスケジュール

8:50~ 出勤、メールチェック
9:00~ 課内打合せ (進捗状況の確認)
10:00~ 書類作成・確認
11:30~ ランチ
12:30~ 窓口対応
13:30~ 入試準備のため関係部局との打合せ
15:00~ 学園祭準備のため、学生との打合せ
16:00~ 学生向けプログラム開催に向け、業者との打合せ
17:00~ 窓口対応
18:30~ 退勤 (友人と食事へ)