先輩職員インタビュー学生部学生生活課 五十嵐 太樹

自分に何ができるか、どのように働いていきたいか-

就職活動中には様々な企業をまわりましたが、その職場で自分に何ができるか、どのように働いていきたいかといった具体的なイメージを描くことができませんでした。そこで、学生時代を今一度振り返ったとき、ゼミの教員や職員が学生である私に対して根気よく向き合ってくれたことが強く印象に残っていたため、学校職員という多様でありながら専門性が求められ、様々な価値観と出会うことができるといった仕事の環境に魅力を感じ、さらに、建学の精神を実践している立教学院でならば、自分の仕事に誇りを持ち長く向上心をもって熱意をぶつけていけると思い、立教学院の職員採用に応募しました。

学生の社会性や自主性を養う一助として

私の所属する学生部は、学生のあらゆる生活環境を支援するための役割を担っており、その中で私はクラブ・サークル等の課外活動支援に関する業務を担当しています。学生団体のサポートの他にも、学内の他部署の職員と連携しながら仕事を進めるなど、関係する学生や教職員と密にコミュニケーションを図りながら仕事を進める場面が多くあります。 課外活動は学生が自主的に行う活動の一つではありますが、立教では教育的に意義があるものとして捉え、一定基準を満たす団体を公認団体として積極的に支援しています。課外活動で使用する施設貸与や活動費の援助等、学生支援にかかわる業務は多岐に渡りますが、何よりも窓口での学生対応を通して、学生の社会性や自主性を養う一助となる役割を担っていることに、責任と誇りを感じています。団体の運営に悪戦苦闘しながらも、1年間で大きく成長する学生たちの姿を目の当たりにできることも、仕事をしている中で大きな刺激となっています。

「学生自身が自分で成長していく」ことを意識

一番のやりがいは、学生が変化し成長していく過程に立ち会えることです。 課外活動を通して、学生たちは、壁にぶつかりながらも遅くまでミーティングや練習をしたり、意見が割れて衝突したり、少し気まずくなったり、一方で深く分かり合えたりと、それぞれが苦慮しつつも充実した日々を過ごしています。 学生は、思うように事が進まなくなると、不満をぶつけてきたりすることもありますが、その話にしっかりと耳を傾けることが私の第一の仕事だと考えています。学生自らが時間と労力をかけて解決しなければならない問題であれば、直接の解答を与えるようなことはせず、「学生自身が自分で成長していく」ことを意識して根気よくサポートするよう心がけています。 様々な経験や価値観に触れ卒業を迎える学生の自信に満ちた顔を見たときに、私自身も「これからも頑張ろう!」と思うことができ、働く上で強い励みとなっています。

応募を検討中の方にひとこと

入試準備・実施、卒業式・入学式、新入生の受け入れ、新学期に向けた準備など、月ごとの行事にあわせた数多くの業務があるため、いつも新鮮な気持ちで業務にあたることができています。そしてこれらは、大学特有の業務でもあり、一般企業にはない魅力であると感じています。また、学生支援部局だけでなく、学生の目線からではなかなか見えにくいところでも、さまざまな現場で約300人の専任職員が学校運営を支える役割を担い活躍しています。学生・教員・職員が共に手を取り合って、これからの立教を創っていく。とてもクリエイティブで魅力的な仕事だと思いませんか?

ワーキングスタイル

8:50 出勤、メールチェック
9:00 チーム内で業務の進捗状況を共有
10:00 入試準備のための書類作成
11:30 ランチ(学食でランチすることも) ※窓口業務があるので、他の職員と交代で昼休みを取ります。
13:00 入試準備のため関係部署と打ち合わせ
14:45 窓口対応(授業の休み時間は窓口が学生で混み合います!)講演をお願いする企業とのアポイントのため外出
16:40 学園祭準備のため、学生と打ち合わせ
18:30 退勤(大学時代の友人と食事へ)

同じ年度に入職した先輩職員のインタビューを見る