先輩職員インタビュー教務部教務事務センター 須田 遼太郎

立教学院専任職員採用に応募したきっかけを教えてください。

母校である立教学院の価値と魅力を職員としてさらに高め、発信していきたいという思いから専任職員採用試験に応募しました。特に大学専任職は「未来を担う人材の育成」という社会形成において、大きな責任と果たすべき役割を持って仕事を行うことができるとともに、重要なステークホルダーの一つである学生たちの人生をより豊かにすることが大学や社会の未来をも築き上げ、社会貢献に繋がる点にも魅力を感じ、応募することにしました。

現在の担当業務について教えてください。

所属している教務事務センターでは、主に社会学部の教員対応や学生の履修と成績について担当しています。一つひとつの業務に対して正確さが求められる部署であるため、常に高い集中力を維持して業務に取り組むように心がけています。特に履修登録や修得された単位が正しく反映されているかの確認作業は、学生一人ひとりの人生にも影響を与えてしまう可能性があるため、誤りがないか入念に確認を行います。一方で、次年度の教室配当業務や履修要項の作成作業等も同時に行うため、常に複数の業務を任されていることにやりがいと喜びを感じています。また、業務をおこなう上で「大学設置基準」や「認証評価制度」など大学業界独自の知識について求められることもあるため、自部署のみならず、大学全体に対しても広く目を向けて仕事のできる部署だと感じています。

これまでの業務で一番嬉しかったこと(やりがいを感じたこと)を教えてください。

数ある部署の中でも大学の根幹にあたる「教務」を入職1年目から経験できていることに大きなやりがいを感じています。業務自体は授業環境の整備や履修・成績管理に関するものであるため、日々の業務の中で目に見える成果物を作りだすことが難しい部分もありますが、一つひとつの業務が大学のカリキュラムやFD(Facullty Development)に密接に関係しているため、学生のためになっていることを実感しながら働くことが出来ています。また、教員からの前例のない突発的な依頼事項や学生からの履修成績相談に対して、ルールをきちんと理解した上で迅速かつ的確に対応できた際にも、やりがいを感じています。

応募を検討中の方にメッセージをお願いします。

グローバル化、情報化、少子化など社会構想の急速かつ大きな変化によって、日本社会からの高等教育機関に対する要請は多様的かつ高度になってきています。それに伴い、大学経営を行っていく専任職員一人ひとりに求められる能力や資質も今後より一層、高度化していくことは必至です。そうした環境下だからこそ、常に高い志と主体性を持つことができる方と一緒に仕事ができれば非常に嬉しく思います。立教学院でお待ちしております。

代表的な1日のスケジュール

8:50 出勤 当日業務の確認・メール対応
9:10 次学期・学部必修科目の登録データ作成作業(業務上、システムを利用すること機会が非常に多いです)
11:00 社会学部教員との打ち合わせ(次年度ゼミナールの担当者調整や課題作成等の依頼)
12:00 ランチ
13:00 学部会議資料等の作成
15:00 学部担当ミーティング(各学部の担当などと情報共有や業務効率改善に向けたミーティングを行います)
16:00 留学から帰国した学生の次学期以降の履修相談対応
17:30 退勤(大学図書館で勉強やジムでトレーニング)

同じ年度に入職した先輩職員のインタビューを見る