2019/02/08 (FRI)

季刊『立教』247号<特集 知を究める、多彩な研究活動>発行

キーワード:その他

OBJECTIVE.

季刊『立教』247号を発行しました。『立教』は、広く社会に向けて教育・研究の多様な側面を取り上げるほか、在学生や卒業生の活躍など「立教」にまつわる多彩なトピックを発信しています。定期購読をご希望の方は、RIKKYO ONLINE SHOPよりお申し込みください。

247号の主な内容

247号 表紙

特集
知を究める、多彩な研究活動
——豊かな社会の創造を目指して

立教大学は32の研究機関等を擁し多彩な分野で高度な研究活動を展開すると同時に、理学部と現代心理学部による文理融合型研究等も盛んです。研究活動を通して学術の進歩に寄与し、その成果を社会に発信・貢献するとともに、学部・大学院の教育へ還元しています。

視点
21世紀社会デザイン研究科/社会学部 長坂 俊成教授に聞く
リスクと付き合いながら
減災型社会をどのようにデザインするか

近年、地震や水害などの自然災害が多発しています。日本に暮らす以上、他人事では済まされないこうした災害に対し、どのように備えればいいのでしょうか。また、起こってしまった際には、どのような支援が必要なのかを長坂俊成教授に伺いました。

FOCUS ON 立教人
俳優 大野 拓朗さん(2012年コミュニティ福祉学部卒業)

「ミスター立教」がきっかけで俳優へ
思いがけない人生と立教での学び