ハンバーガーメニュー
教育

基礎文献講読・法政ゲートウェイ講義

ピックアップ 『基礎文献講読・基礎演習』

基礎文献講読・基礎演習

基礎文献講読と基礎演習は、法学部が1年次生向けに用意している、大学における学び方を身につけるための授業です。基礎演習(法学基礎演習、政治学基礎演習)は、基礎文献講読で身につけた学修方法を法学政治学の専門的な問題に応用し、より専門的な学修を自ら行うことができるようになることを目指します。

[基礎演習の例]

  • 地球温暖化や児童兵などの国際的課題について国際法の視点から考える
  • 子どもの機会格差を取り上げ、「豊かさ」とは何か問い直していく
  • Future Skills Project(企業から課題を提示してもらい、チームで取り組み、成果を出してゆく)

当たり前の正解なんてない!

授業風景

高校までは、教科書を中心に、学ぶべきことがほぼ決まっていました。大学では自分で授業を選び、わからないところを調べ、自分の考えをまとめなければなりません。さらには問題自体を自分で発見することが求められます。法学部が大学に入学したばかりの1年次生に向けて開講している基礎文献講読は、大学における学び方の基礎を身につけるためのゼミナール形式の授業です。

基礎文献講読は、2つの大きな目的を持っています。一つ目は、本の読み方や参考資料の調べ方、報告の準備や議論の仕方、レポートの書き方など、大学の勉強を進めるための技術や方法を身につけることです。二つ目は、これからの勉強のための基礎的な考え方や知識、専門的なコトバや論理の組み立てを学習することです。

そのために使われる材料はさまざまです。一人ではとても読めないような分厚い本を精読することもあるし、短い論文や記事を数多く読むところもあります。判例をもとに事件の背景について調べたり、テーマを決めてディベートをしたりすることもあります。

やり方はいろいろですが、基礎文献講読では唯一の正解などない問題を徹底的に考えるという経験をすることができます。その経験を共有することで、みなさんはきっとサークルや語学クラスで出会うのとはまた異なる種類の仲間を得ることができるでしょう。

ピックアップ 『法政ゲートウェイ講義』

公務入門、司法職入門、ビジネスとメディア 3つの進路

授業風景

入口から出口までのゲートウェイというイメージのもと、「大学に入る」とともに「大学から実社会に出てゆく」までの進路を新入生が意識して学び考える機会を提供します。公務・司法職・ビジネスとメディアの3つのテーマ別に展開します。

公務入門

受講生が公務部門への就職や公共政策大学院への進学に必要な基礎知識や態度を身につけることを目標とします。公務員制度に関するパートとゲストスピーカーをお迎えするパートの二つのパートから構成され、前半では、身近でなかった公務員制度を取り上げます(公務員の種類、仕事、昇進、給与、動機)、後半では、ゲストスピーカーとの質疑応答を通じて就職先としての公務員の魅力を伝えていきます(国家公務員試験、女性国家公務員のキャリア形成、本学の公務員試験受験者向けキャリア支援、公共政策大学院の魅力、卒業生からみた公務の世界①国家公務員、②都道府県公務員、③市区町村公務員)。

司法職入門

弁護士、裁判官、検察官、司法書士、弁理士など司法関係専門職等および司法制度・法曹養成制度について基本的な理解を得て、司法職や司法関連機関への就職、予備試験合格、法科大学院への進学に役立つ基礎知識や態度を身につけることを目標とします。司法関連専門職等、司法制度、法曹養成制度に関する講義のほか、ゲストスピーカーをお招きする回では、主として本学法学部・本学法科大学院のOB・OGとの質疑応答を通じて、法曹(弁護士・裁判官・検察官)、各種士業(司法書士、弁理士など)、会社法務部などの仕事の魅力を伝えていきます。

ビジネスとメディア

現役ジャーナリストによる時事解説と体験的日本経済解説です。責任ある社会人、就職して社会にでていく時への準備として時事問題に身近に接することができるよう、特に政治経済問題を直近のニュースや経済問題の実例を挙げ、解説・分析していきます。毎回、直近1~2週間で報道された時事トピックを取り上げて解説するほか、法学部生がビジネスや法・政治に関して知っておくべき重要テーマ(例、法改正のビジネスに与える影響、企業倒産の法的側面、アジア市場と日本経済など)を講義します。あわせて時々刻々変化する世界の旬なニュースを捉えて講義します。

教育
立教大学法学部の教育
専門講義
基礎文献講読
演習
学生によるゼミナール紹介
国際交流制度
奨学金制度
ページトップへ