ハンバーガーメニュー
教育

学生によるゼミナール紹介

演習[紛争解決学 ―調停による紛争解決と弁護士による紛争解決―]

法学科 S.M.さん

ゼミナール担当教員:濱野 亮 教授 Hamano Ryo

写真

濱野ゼミでは、紛争解決学について学んでいます。民事紛争が発生した場合、紛争の当事者にとってどのような手段で解決することがベストなのか、これについて議論するために弁護士による交渉、裁判、調停、その他の民間の紛争解決機関の特性について深く学んでいます。法学部では憲法、民法などの実定法を学ぶイメージが強いですが、濱野ゼミでは法が社会でどのように運用されているのか、またそこに問題点はあるのかなど、いわゆる法の社会学の分野についても学ぶことができます。法律を学んだうえで、司法の現場を知り、問題点を考えることは非常に大切なことです。法律だけでなく、司法制度についても多面的な角度から学べるのは立教大学法学部ならではだと思っています。

演習[Japanese Law in an American Casebook],
  [Leading Cases in American Law]

国際ビジネス法学科 K.R.さん

ゼミナール担当教員:溜箭 将之 教授 Tamaruya Masayuki

写真

溜箭ゼミではアメリカ視点から見た日本の法律およびアメリカ法について学びます。いわゆる外からの視点で日本法を学ぶことができるため、普段の授業の日本国内視点で学んでいる時では発見できない興味深い論点を見つけることができ、日本法とは一味違ったアメリカ法について学ぶことができます。また、授業では日本、アメリカの判例を英語で読み、それに基づいて自らの意見を英語で議論するために英語での発信力を鍛えることができます。
授業を通してアメリカ法的視点が身につき、英語で法的な問題を考える力がつくのがこのゼミでの魅力だと思います。

演習[この国のかたち ―歴史と現状から見る日本政治のなかの地方/都市―]

政治学科 K.S.さん

ゼミナール担当教員:松浦 正孝 教授 Matsuura Masataka

写真

私の所属する松浦ゼミでは、地方創生や少子化など、現代日本の政治を中心とした内容を扱っています。毎週、ゼミ生の興味に合わせて予め指定された文献の内容や関連テーマについて担当の学生が報告を行います。その中で、文献をまとめてわかりやすく要約する力や、それを人前で発表するプレゼンテーション能力が身につきます。また、先生の解説や、事前に提出する参加者一人一人の疑問・感想についての討議などによって、多角的な視点や深い知識が身につきます。それ以外にも、飲み会や、夏には普段行けない地方でのゼミ合宿、秋には遠足も行っているため、ゼミ生同士の親睦も深まります。和やかかつ楽しい雰囲気も、本ゼミの大きな魅力です。

教育
立教大学法学部の教育
専門講義
基礎文献講読
演習
学生によるゼミナール紹介
国際交流制度
奨学金制度
ページトップへ