ハンバーガーメニュー
教育

国際交流制度

協定校派遣留学

立教大学では現在、26の国・地域、91校と大学間の国際交流協定を結んでいます(2018.10現在)。選考試験に合格した学生は、学費免除などを受けて、海外の大学へ約半年から1年間留学でき、在学のまま留学を選択した場合、留学期間は在学期間に算入されます。法学部からも、毎年数人の学生が留学しています。

協定校派遣留学

MESSAGE

国際ビジネス法学科 4年 O.M.さん
ウェスタン・ミシガン大学(米国) 2017年8月~2018年4月

今後、一層国際的に発展していくビジネスは、専門知識と信頼関係で成り立つものであると考えています。そこで私は、3年次から始まる専門性の高い科目を学習する前に、母語以外の言語で信頼関係の構築方法を学ぶため留学を決意しました。寮生活だったことと、グループワークの多い経営学部への留学ということで、現地学生との距離が近い環境で異なる文化に触れながら過ごすことができました。さらに日本で専門知識を増やし、将来的には世界に貢献できる人材になりたいと思います。なお、金銭的負担の高い留学ですが、派遣留学制度を利用し、櫛引賞を頂くことで両親への負担を減らすことができました。この場を借りて櫛引様に感謝申し上げます。

※櫛引賞については奨学金制度のページ参照


ウェスタン・ミシガン大学にて(左から3人目がO.M.さん)

法学部とシンガポール経営大学(法学部)の学部間交流協定

立教大学法学部は2015年、シンガポール経営大学(法学部)との学部間交流協定を締結し、学部学生の交換留学を含む交流関係をスタートさせました。派遣留学に選ばれた法学部生は、約1年もしくは半年間、同大学の授業を英語で履修できます。

シンガポール経営大学は、2000年に設立と比較的歴史が新しいものの、国内では創設3番目の大学です。変化の多い時代に対応できるリーダーや起業家を輩出することを目的に、シンガポール政府が出資し、米国ウォートン・スクールをモデルとして設立されました。現在は、6つの学部を備え、少人数制でゼミ形式での教育を特徴としています。キャンパスは、シンガポールの中心部に位置しています。世界各地の200を超える大学と積極的に提携を進めており、日本では一橋大学や早稲田大学、九州大学等と交流協定を締結しています。

協定校情報

  • 学校名 : シンガポール経営大学 (Singapore Management University)
  • 大学ホームページ : http://www.smu.edu.sg/
  • 所在地 : シンガポール、ブラスバサー
  • 使用言語 : 英語
  • 創立年 : 2000年
  • 設立形態・学生数 : 国立、約7,900人
  • 開講学部 : 会計学部、経営学部、経済学部、情報システム学部、法学部、社会科学部
教育
立教大学法学部の教育
専門講義
基礎文献講読
演習
学生によるゼミナール紹介
国際交流制度
奨学金制度
ページトップへ