世界で際立つ大学を目指し
立教大学のグローバル化は、新しいステージへ

立教大学は、140年に及ぶリベラルアーツ教育や先進的なリーダーシップ教育など、オンリーワンの取り組みで国際化を推進してきました。

2014年5月に公表した国際化戦略「Rikkyo Global 24」では、学生の海外派遣、留学生の受け入れ、外国人教員比率、欧米のリベラルアーツ大学との連携など24のプロジェクトごとに目標を設定しています。

この度、この国際化戦略を基盤とした構想「グローバルリベラルアーツ×リーダーシップ教育×自己変革力―世界で際立つ大学への改革―」が、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援(グローバル化牽引型)」に採択されました。

その使命は、「先導的試行に挑戦し、社会のグローバル化を牽引する」こと。

立教大学のグローバル化は新しいステージへと進みます。

創造性と展開性とを備えた自己変革力によって改革を推進し、アジアの大学として存在感を高め、世界で際立つ大学となって国際社会に貢献していきたいと考えています。

立教大学総長 吉岡 知哉