立教大学

PROGRAM

グローバルリーダーへと成長する4年間

Global Liberal Arts Program
カリキュラム

新しいグローバルリーダーへ

新しいグローバルリーダーとして活躍するために、入学から卒業まで、さまざまな学びや経験を積み重ねていきます。卒業後は、国内外の大学院進学やグローバル企業、NPO・NGO などの国際機関でリーダーシップを発揮しながら活躍することが期待されます。

Pick Up

最大5名の超少人数演習科目:Tutorial

Tutorial 1・2 は最大5 名の超少人数のゼミ形式で行われる授業で、GLAP の学修の核といえるものです。授業は1年次の春学期・秋学期に週1コマ開講され、批判的リーディング、アカデミック・ライティング、プレゼンテーション、質疑応答などの英語力を総合的に高める狙いがあります。
授業では、各学期に2冊の英語文献(人文系・社会科学系の分野を中心に選定)を読み進めていきます。学生は各授業前に指定された文献講読を行い、報告担当者はそれに基づいたプレゼンテーションを準備します。毎回の授業では、担当学生のプレゼンテーションの後、教員と学生で内容確認とディスカッションを行います。そして、文献を読み終えるごとに英語エッセイ(内容要約、リサーチクエスチョンにもとづく分析的エッセイなど)を執筆します。
Tutorial 1・2 では、予習・復習にきちんと取り組み、積極的に授業参加を行うといった、英語をツールとして用いた総合的学修を学生自らが行うことを目指しています。担当教員からのサポートも厚く、教員学生間の密なやりとりから刺激を受けることができます。慣れないうちは授業についていくことが大変な場合もありますが、学生にとっては最もやりがいのある授業となっています。

グローバル・リーダーシップ・プログラム:GL111

GL111 の授業は、GLAP の学生に加えて海外からの交換留学生や英語が得意な他学部の日本人学生と一緒に、少人数のグループで、実在する企業団体が抱えている問題を学生の目線で解決していく授業です。教員の教えを学ぶような受け身の授業ではなく、プロジェクトの発想、立案、プレゼンなどのチームワークを通して、「目標共有」、「率先垂範」、「同僚支援」というリーダーシップを身につけるために必要な3要素に自らチャレンジします。例えば、「目標共有」を身につけるために、毎回の授業の冒頭に、個人やチームの目標設定というアクティビティが必ずあります。これにより、受講生は自分の目標、およびチームの目標を明確にすることができます。
もちろん、学生のグループワークはうまくいく場合、うまくいかない場合があります。これらの成功や失敗を実体験から学ぶために、振り返りの授業が2、3 回設けられています。チームメンバーからのポジティブ、そしてネガティブなフィードバックを受けることで、他者の意見を受け入れ、自分の行動パターンを変えていき、更に次のステップに繋げていきます。クラスでは特に多様性を強調していませんが、受講生は、それぞれ国籍や価値観が異なる他者のフィードバックを尊重することで、自然にインクルージン(他者尊重、受容)を学んでいきます。


世界の大学教育:University in Modern Society

米国の高等教育は、世界屈指の複雑で多様な制度から成り立っています。何十億ドルもの市場規模を持つ人気の高い産業であり、米国社会に多大な影響を及ぼしています。信仰心に端を発し、労働者の育成という目的に至るまで、高等教育の影響や趣旨は絶えず進化し続けています。
この科目において、学生は、現代の複雑な大学産業の基礎をなす歴史と、その枠組みについて学びます。また、入試、多様性、営利部門、学費納入、社会生活、カリキュラム、US News やMoody’s のような組織と学生ローン産業の影響など、今日の高等教育が直面する種々の問題について調査、分析、討論を行います。学生自身が現在その消費者となっている産業について学び、討論するための授業です。